スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

800写真-ルイワンのハチ駆除原図@.jpg

2018年02月08日

スズメバチ駆除 in 鏡石町- 夏休みの小学校グラウンドにスズメバチの巣!

夏休みのまっただ中、鏡石町教育委員会から小学校のグランドにスズメバチの巣があるとの緊急駆除のご依頼(2017年8月2日)。
グラウンド近くのプールには、たくさんの子供たちも泳ぎに来ていた。
スズメバチの巣は、校舎から出て、グラウンド入り口の生垣にあった。
スズメバチは、凶暴なキイロスズメバチ。


鏡石町でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(鏡石町)



巣は生垣の中に埋もれて見えない。
グラウンドを横切るのがスズメバチたちの飛行ルートだ。
生垣の奥の方に作った巣に激しく出入りしている。


鏡石町で生垣のスズメバチの巣.jpg
生垣のスズメバチの巣(鏡石町)



ソッーと生垣の奥の方をのぞいてみる。
枝葉がこみ合っているばかりか、その枝葉を巣の構造物の一部としてスズメバチが使っている。


ヘタに生垣の枝葉を揺すると巣に刺激が伝わり、巣の中にいたスズメバチたちが巣穴からゾロゾロと出てきてしまう。
そうなったら、出てきた多数のスズメバチたちが乱れ狂ったように飛び回り、しばらくは手をつけられなくなる。

そうならないように、枝葉を揺すらないように殺虫剤を使う必要がある。
こみ入った枝葉を揺すらないように殺虫剤の使用方法をちょっと工夫している。

この方法を使って殺虫剤をスプレーしたら、枝葉を揺するらずに済み、スズメバチたちが巣穴からゾロゾロと出てくることがなかった。


このような生垣の中にスズメバチが巣を作った場合、もう一つやっかいなことは、枝葉を巧みに利用して、スズメバチが巣を作っていることだ。
そのため、巣の構造物となっている枝葉を切っても切っても、なかなか生垣の中から巣を取り出せない。
時間がかかってしまう。


鏡石町でスズメバチ駆除後の巣跡.jpg
スズメバチの巣の撤去跡(鏡石町)



駆除したスズメバチの巣の中をみると、成虫となって出てきた働き蜂の羽化跡がたくさんあって目に付く。
その羽化跡を見ると、成虫となった働き蜂が爆発的に増えていたことを物語っている。


鏡石町で駆除したスズメバチの巣.jpg
駆除したスズメバチの巣(鏡石町)



明るいうちにスズメバチの巣を駆除すれば、巣の中のスズメバチたちをうまく駆除できても、巣に戻ってくるまだまだたくさんのスズメバチたちがいる。
当然であるが、戻ってくるスズメバチ対策は必ず行う必要がある。



このスズメバチ駆除事例を動画にまとめてみた。



鏡石町でスズメバチ駆除- 子供たちが危ない!夏休みの小学校グラウンド!



8月初旬のキイロスズメバチの巣は、成虫になった働き蜂が爆発的に増えた時期だった。
生垣に作ったスズメバチの巣は、枝葉を揺すっただけでも、その刺激はスズメバチの巣に伝わってしまう。

そうなったら、たくさんのスズメバチたちが刺激に反応、巣の中から出てきて襲ってくるので大騒ぎなる。

子供たちがよく通るグラウンド、そこを通ったタイミングで子供たちが刺されてしまいそうな危険な現場だった。



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村







posted by スズメバチ博士 at 23:41| Comment(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

スズメバチ駆除 in 喜多方市- 子供が発見!2階軒下の死角にあったスズメバチの巣!

スズメバチの巣を最初に見つけるのは、子供であることが多い。
この事例でも駆除した日の2日前に滅多に仰ぎ見ないような2階の軒下に子供がスズメバチの巣を見つけた(2017年8月3日、喜多方市)。
スズメバチは、いつのまにか身近に忍び寄ってきて巣を作るコガタスズメバチ。


喜多方市でスズメバチの駆除現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(喜多方市)



ペットボトルで作った誘引剤入りのスズメバチトラップが巣の近くに吊るされていた。
でも、1匹もスズメバチが捕まっていないことが悲しい。

スズメバチの巣の近くにトラップを吊るしている光景は、駆除現場でよく目にする。
しかし、残念ながらそのトラップにはスズメバチが捕まっていないことが多い。

スズメバチの巣ができてしまってから、巣の近くにトラップを仕掛けても効果がないようだ。
いつか機会があれば、このことに白黒をつけるために、実験して証明したい。


喜多方市でスズメバチの巣とトラップの位置関係.png
スズメバチ駆除の現場にスズメバチトラップ(喜多方市)



明るいうちに、スズメバチの巣を駆除・撤去すると、外出していたスズメバチたちが巣に戻ってくる。
そのスズメバチの数は、大きな巣であるほど半端でない数になる。


喜多方市で巣跡でウロウロするスズメバチ.png
巣跡にウロウロするスズメバチたち(喜多方市)



駆除の時、生き残った残党の数が多いにもかかわらず、そのまま放置してしまうと再び巣を作られてしまうことがある。
そのため、明るいうちにスズメバチの巣を駆除・撤去した場合、その巣跡に戻ってくるスズメバチたちの対策は必ず実施している。


喜多方市で駆除したスズメバチの巣.jpg
駆除したスズメバチの巣(喜多方市)



8月初旬のコガタスズメバチの巣は、2段目の巣盤をやっと作り始めたばかりだった。


この喜多方市でのスズメバチ駆除事例を動画でも紹介します。



喜多方市でスズメバチ駆除- 子供が見つけた!軒下のスズメバチ駆除!




スズメバチの駆除現場で子供たちにスズメバチのことを話すと、大人顔負けのかなり鋭い専門的な質問をされることがある。
スズメバチの巣を最初に見つけるのは、子供であることが多いといことにもつながっているようにみえる。

何事にも好奇心が旺盛で潜入観念がない子供の素直さが疑問を産み、そうさせるのだろうか。
潜入観念こそ新しいものの発見をさえぎる元凶だと思うのは、わたしだけだろうか。
子供のような旺盛な好奇心と潜入観念がない素直さでスズメバチを見れたらと思う。




ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村





posted by スズメバチ博士 at 23:15| Comment(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

スズメバチ駆除 in 本宮市- 山林の奥に入り、除染等工事に向け、樹木の高所に作ったスズメバチ駆除!

除染等工事現場から「山林の奥にある高いところに作ったスズメバチの巣を駆除して欲しい」とのご依頼(2017年10月4日、本宮市)。
脚立やはしご等は山林の奥まで持ってゆくのが大変な現場です。
そこで、一人で駆除できるスズメバチ駆除用の特性の道具を担いで、草木をかき分けて山林の奥に入りました。


本宮市でスズメバチの現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(本宮市)



息を切らしながら、やっとたどり着いた樹木には、地上から7mほどのところにスズメバチの巣がありました。
樹木の幹にしっかりへばりついたスズメバチの巣です。
キイロスズメバチの直径30cmほどの大きな巣です。


本宮市で駆除したスズメバチの巣.png
樹木の高所に作ったキイロスズメバチの巣(本宮市)



脚立やはしご等は使わない一人で駆除できるスズメバチ駆除用の特性の道具でスズメバチの巣を直ちに駆除・撤去しました。
巣の撤去後は、巣跡に戻ってきたスズメバチたちがウロウロしています。


本宮市でスズメバチの巣撤去後の様子.png
巣を撤去後、巣跡にウロウロするスズメバチたち(本宮市)



もちろん、このように戻ってくるので、戻りバチ対策はしっかり実施しました。


この本宮でのスズメバチ駆除事例を動画でも紹介します。



本宮市でスズメバチ駆除- 山林の奥で樹木の高所にあるスズメバチの巣を駆除!




この事例のような山林の奥で、しかも高い位置に巣を作ったスズメバチ駆除は、通常の方法で駆除しようとしたら肉体的にも経済的にも大変です。

わたしたちは、どのようなスズメバチ駆除の場面においても、安価に、直ちに、そして安全な駆除ができる技術を開発しました。
さらなるスズメバチ駆除の技術革新を目指し、いまも日々奮闘しています。



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村




posted by スズメバチ博士 at 14:31| Comment(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

スズメバチ駆除 in 伊達市- 壁の隙間から出入りするスズバチ!巣が思いもよらぬところに!

老朽化した家屋の壁の隙間からスズメバチたちが出入りしています(2017年7月23日、伊達市)。
スズメバチの種類はモンスズメバチです。
スズメバチたちの出入りは少なくて、そんなに大きくない巣だと推定できました。


伊達市でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(伊達市)



モンスズメバチは、閉鎖的な空間に巣を作ることが多いです。
セミを主食とするグルメ派のスズメバチです。
また、スズメバチのほとんどが暗くなったら行動をしませんが、モンスズメバチは夜遅くまで行動します。


伊達市でスズメバチが出入りする壁の隙間.jpg
スズメバチが出入りする壁の隙間(伊達市)



家屋の壁の隙間から壁の中をのぞき込んでも巣を確認できません。
さらに、その隙間を壁が壊れない程度に、こじ開けて壁の中を見ましたが、巣がありませんでした。

もう一つの側面側に、巣があるとしか考えられません。
そのもう一つの側面の壁に小さな穴を開けることを家主さんに承諾してもらい、開けた穴からのぞき込むとモンスズメバチの巣が奥の隅っこに見えます。


伊達市でスズメバチの巣の全貌.jpg
壁の中に作ったモンスズメバチの巣の全貌(伊達市)



モンスズメバチの巣は、巣の底がありません。
そのため、排泄物は巣から落下して、シミを作ることがあります。
また、噴霧した殺虫剤は巣全体に回り込みやすくなります。

モンスズメバチの巣を目がけて殺虫剤をスプレーした後に、巣の撤去作業に取り掛かります。
壁の中の巣を撤去する場合、巣をつかみ損ねると壁の下の方に落下してしまい、落下した巣を取り出すために壁をさらに壊すことになります。
そうならないようにここは、慎重に巣をしっかりつかみ、取り出します。



伊達市で撤去したスズメバチの巣跡.jpg
モンスズメバチの巣を撤去した跡(伊達市)



巣を撤去した跡の上の写真を見てもらうと分かりますが、向こう側の壁の隙間から入ったスズメバチは、柱と壁の接点にある構造的な小さな隙間から、こちら側の壁にある巣に来ていたことがわかります。
予想だにしなかった結末でした。



伊達市で駆除したスズメバチの巣.jpg
駆除したスズメバチの巣(伊達市)



駆除したモンスズメバチの巣は3段になっていました。
サナギが爆発的に羽化する直前で、まだまだ大きくなる巣でした。



伊達市でスズメバチ駆除- 壁の隙間から出入りするスズバチたち!巣はどこにある!!



この事例のように「見えないスズメバチの巣」は、思うような場所になくて、とんでもない場所にあったなんていうのは日常茶飯事です。
「見えない巣」をどのようにすれば、巣が見えるようになるかが、今後に残された課題です。
その方法も、家屋に傷をつけることを最小限にすることにつながるスズメバチ駆除が前提です。



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村




posted by スズメバチ博士 at 19:20| Comment(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

北塩原村でスズメバチ駆除 - 石垣の除草作業中、スズメバチに刺された!

北塩原村にある美術館から「庭にある池の石垣の除草作業中、スズメバチに刺されてしまった。緊急にスズメバチを駆除してもらいたい」と(2017年7月29日、北塩原村)。

直ちに現場に急行し、刺されたという石垣の現場を案内してもらいます。
スズメバチの出入りする場所があるはずだと雑草がからみあう石垣の隙間周辺を探します。


北塩原村でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(北塩原村)



すると、キイロスズメバチが雑草で覆われた石垣の隙間に出入りする場所を発見!


北塩原村でスズメバチの巣の位置.jpg
キイロスズメバチの巣への出入り口(北塩原村)



雑草がからまりあって石垣の隙間がよく見えません。
でも、間違いなくこのへんの隙間にキイロスズメバチの巣がある!と確信。

スズメバチの巣を探すためにからみあう雑草をガサガサといじっていれば、巣にいるスズメバチたちは次々に襲ってきます。
どうせならば、殺虫剤をスプレーしながら雑草をかき分けて巣を探したほうが得策と判断。

そこで、スプレーを噴射。
スプレーにあたったスズメバチたちが苦しくて出てきます。
そこをたどってゆくと簡単に石垣の隙間にスズメバチの巣を発見!


北塩原村でスズメバチの巣.jpg
生垣の隙間に作ったキイロスズメバチの巣(北塩原村)



からみあう雑草をかき分け、狭い石垣の隙間から、ちょっと手こずりましたが、スズメバチの巣を取り出せました。


北塩原村で駆除したスズメバチの巣.jpg
駆除したキイロスズメバチの巣(北塩原村)



駆除したキイロスズメバチの巣は、こぶしくらいの大きさで、巣盤は一層でした。
女王蜂もしっかり駆除できました。
このキイロスズメバチの巣は越冬を終えた女王蜂が作り始めた巣、「母巣」です。



スズメバチ駆除 in 北塩原村- 緊急スズメバチ駆除!生垣の除草作業をしていたら刺された!



キイロスズメバチは、石垣の隙間などの狭い場所に母巣を作ることが多いです。
7月下旬ともなると、キイロスズメバチの母巣は、女王蜂が単独で育ててきた働き蜂たちも羽化してきて大きくなっています。

除草作業中にスズメバチに刺される事例は、後を絶ちません。
それは、除草作業をしている雑草を通して、その奥にある見えていない蜂の巣を刺激することから起こります。
「石垣の隙間にもスズメバチが巣を作ることがある」と肝に銘じて、除草作業等に取り掛かる必要があります。



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村




posted by スズメバチ博士 at 23:43| Comment(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

田村市でスズメバチ駆除- 空き家の解体作業を始めるが、壁の中からスズメバチが激しく出入り!



近年、空き家や長期間の留守宅が急速に増えています。

それと並行するかのように空き家や留守宅のスズメバチの駆除のご依頼が増えています。

スズメバチからすると、誰からも邪魔されずにすくすくと大きな巣を作れる環境なのでしょう。


そんな背景の中、「空き家の壁からスズメバチが激しく出入りしている。これでは危なくて解体作業ができない」と建物解体業者の方から駆除のご依頼(2017年10月10日、田村市)です。

雑草が空き家を覆っています。


朽ち果てた壁の表面に「かさぶた」のようなものが張り付いた大きなスズメバチの巣です。



田村市でスズメバチ駆除の現場.jpg

スズメバチ駆除の現場(田村市)



スズメバチたちの様子を見ていると、高さ約1mのところにある直径2cmほどの壁板の節穴から出入りしています。


田村市でスズメバチの巣へn出入口.png

壁のキイロスズメバチの巣への出入り口(田村市)



スズメバチは、どこにでも巣を作ることができる凶暴なキイロスズメバチです。

キイロスズメバチが壁の中に作った巣は、ドンドン大きくなって秋になる頃には、この事例のように壁の外にはみだす「かさぶた」のような外皮を作ります。


田村市でスズメバチが壁に作った巣.jpg

壁の中に作ったキイロスズメバチの巣(田村市)



スズメバチが壁の中に巣を作っていた場合、いたずらに壁に近ずくと、とても危険です。

巣の全貌やスズメバチたちの壁の中での動きが見えないので、不意にいきなり襲ってきます。

私も壁の中に巣を作ったキイロスズメバチに刺されることが過去に何度かありました。

巣が見えないスズメバチは、本当に怖いです!


解体する建物なので壊すことが前提のスズメバチ駆除でした。

バールを使って、ためらいもなく壁を壊すことができるスズメバチ駆除は楽勝でした。

壁の中の巣は予想以上に大きく、巣に戻る多数のスズメバチたちに取り囲まれての駆除作業でした。


田村市で駆除したスズメバチの巣.png

壁の中に作ったキイロスズメバチの巣の全貌(田村市)



巣に戻ってくるスズメバチが作業現場で飛び回っていたのでは、これからの解体作業に支障をきたします。

もちろん、戻ってくるスズメバチ対策をしっかりと実施しています。




スズメバチ駆除 in 田村市- 空き家の解体作業ができない!壁の中にスズメバチの巣!



壊すことが許される解体現場では、何も悩むこともなく思うがままに建物を壊せる駆除の容易さを味わっています。

建物を壊すことを前提であれば、スズメバチ駆除も極めて容易で楽なものだと思っています。


一方、「できるだけ家を壊さない駆除」は難しいのですが、多くの方が求めていることだという思いがあります。

「宝と人が思う家をできるだけ壊さないようなスズメバチ駆除をする」を一つの信念として駆除技術を今後も磨いていきます。






ルイワン 蜂・害虫駆除センターの

ホームページはこちらから

      ↙

スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて

駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!



ブログランキングに挑戦中です。


よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村










続きを読む
posted by スズメバチ博士 at 22:02| Comment(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。