スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

スズメバチ・蜂の巣を福島の農学博士が駆除します!.jpg

2009年07月24日

スズメバチに寄生する奇妙な虫を検出!(その3)

コガタスズメバチ腹部の腹節の間から奇妙な形をしたネジレバネという昆虫のメスが、頭部を出しています。ネジレバネのメスは手も脚も、目もない、のっぺらぼうの姿のまま一生をスズメバチ体内ですごします。
 
コガタスズメバチ腹部の腹節の間から出ているネジレバネのメスの頭部.jpgコガタスズメバチ腹部の腹節の間から出ているネジレバネのメスの頭部 





先日(7月18
日)、福島市で駆除したコガタスズメバチに寄生するネジレバネの続報です。

 
コガタスズメバチの腹部に寄生するネジレバネはメスだと思いますが、ネジレバネの成虫であるかどうかわかりません。

 
また、コガタスズメバチの腹部からネジレバネの体を全部取り出したか自信がありません。このネジレバネの体が柔らかすぎて、取りだす際に皮膚を破ってしまったかもしれません。

 
コガタスズメバチの腹部に寄生するネジレバネのメス.jpg
コガタスズメバチの腹部に寄生するネジレバネのメス
 






スズメバチの腹部から取り出したネジレバネのメスの写真.jpgスズメバチの腹部から取り出したネジレバネのメスの写真
  







松浦誠氏の著書『スズメバチはなぜ刺すか』でネジレバネのスズメバチへの伝搬方法を以下のように説明しています。
 

『普通、スズメバチの働きハチは越冬できないが、ネジレバネが寄生すると越冬できる。

前年の秋に交尾をすませたネジレバネのメスが、スズメバチの働きハチの腹節の間からキチン化した頭を突き出し、その体内で冬をすごす。
 

ネジレバネを宿したスズメバチの働きハチは、越冬場所から春になると樹液を求めて雑木林に行く。そのころからネジレバネのメス体内で卵がふ化し始める。
 

ふ化したネジレバネの幼虫は、母体の体外、さらに寄主のスズメバチの働きハチ体表へと移動し、働きハチの体一面にしがみつく。
 

こうして、寄主のスズメバチの働きハチに便乗してほうぼうの雑木林をまわる。その際、寄主のスズメバチの働きハチの体を離れて、ネジレバネの幼虫は樹液の出る場所でじっとしている。
 

そんなところへ、巣作りを始めたばかりのスズメバチの女王蜂がやってくると、ネジレバネの幼虫はすぐさまその体に飛び移り、スズメバチの巣まで運ばれる。

巣へ運ばれてからの幼虫の行動については、よく分からない。』
  


スズメバチの女王蜂によって巣まで運ばれた幼虫は、どのような行動をとるのでしょうか?
 

このたびの福島市のコガタスズメバチの巣から検出したネジレバネの事例から、7月中旬にはネジレバネが蛹や成虫(?)まで成長しており、メスのネジレバネもいたことから、これが巣内外への次の伝搬源となるのでしょう。また、ネジレバネの働きハチ成虫への寄生率が約50%と高かった。
 

この福島市のコガタスズメバチの巣の幼虫やさなぎへの寄生の様子は、どうなっているのでしょうか?
謎は深まるばかりです。



ホームページ「スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除しますを開設しています。

会津若松市、いわき市、郡山市、福島市、喜多方市、須賀川市、白河市、田村市、本宮市、二本松市、伊達市など福島県内でスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどのハチ駆除は、ルイワン 蜂・害虫駆除センターにおまかせください。

ハチ駆除のご依頼、および無料電話相談は、 
    024−923−1563 にお電話ください!!

スズメバチについて
無料メール相談も受付中! 


ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村






posted by スズメバチ博士 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スズメバチの天敵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック