スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

800写真-ルイワンのハチ駆除原図@.jpg

2010年07月25日

スズメバチの巣にいた働き蜂は、ひときわ小さかった!

福島県郡山市で2010年7月22日に玄関軒先から採取したコガタスズメバチの巣の中にいた成虫の大きさを比較してみました。巣の中にいた成虫は12匹と、まだ小さな巣。女王蜂に比べて働き蜂の成虫は、どれもひときわ小さい。

 

越冬から覚めた女王蜂は、巣作り、産卵、幼虫へ給餌などの世話を働き蜂の成虫が出てくるまで、すべて1匹で行う。想像を絶するたいへんな労働力だと思う。この時期は女王蜂に課せられた自分の子孫を残せるかの試練のとき。

 

女王蜂が幼虫にどれだけのエサを与えたかによって巣から最初に出てくる成虫の働き蜂の大きさが決まってしまう。どうしても女王蜂が1匹で育てた働き蜂の成虫は小さくなる。

 

コガタスズメバチの巣の状況-郡山市.jpgコガタスズメバチの巣内の状況福島県郡山市2010年7月22日)

巣は、蛹が入った大きなまゆがいっぱい。




 

コガタスズメバチの早期の巣にいる成虫の大きさ.jpgコガタスズメバチの巣の中にいた女王蜂(写真中央にいるひときわ大きい蜂)と働き蜂たち福島県郡山市2010年7月22日)

 






スズメバチの巣には、想像を絶するような女王蜂の頑張りのエネルギーが吹き込まれている。畏敬の念、捨てがたし。

たくさんの働き蜂によって世話された幼虫は、十分なエサが与えられるので大きくなる。その証拠に、このコガタスズメバチの巣の中には蛹が入った大きなまゆがいっぱい。これらのまゆの中から成虫となって出てくる働き蜂は大きそう。


ホームページ「スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除しますを開設しています。

会津若松市、いわき市、郡山市、福島市、喜多方市、須賀川市、白河市、田村市、本宮市、二本松市、伊達市など福島県内でスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどのハチ駆除は、ルイワン 蜂・害虫駆除センターにおまかせください。

ハチ駆除のご依頼、および無料電話相談は、 
    024−923−1563 にお電話ください!!

スズメバチについて
無料メール相談も受付中! 


ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村







posted by スズメバチ博士 at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。