スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

800写真-ルイワンのハチ駆除原図@.jpg

2011年05月25日

ミツバチたちの集合体は、暑い屋根裏の巣から外に出て涼む姿、それとも逃去寸前?!

ミツバチたちが2階屋根のハフのところに出てきていて、かたまっている。どうして、こんなことになっているのかわからず、子どもたちが刺されてしまうかと心配。東京から7月に引っ越してきたばかり。蜂蜜が天井からたれてくることがあったので、引っ越してきたときには、すでに屋根裏にミツバチが巣を作っていた。

 

ミツバチたちの集合体が2階の屋根に(郡山市、2010年8月中旬).jpgミツバチの集合体が2階の屋根に
(郡山市、
2010年8月中旬)

 







ミツバチの群れが屋根にかたまりを作ってブンブン飛び回っていて怖いので、すぐ駆除してほしいと、昨年
2010年8月中旬に郡山市の方から駆除の依頼がありました。ミツバチの種類は、ニホンミツバチです。

 

ニホンミツバチたちが2階の屋根のハフにベッタリ(郡山市、2010年8月中旬).jpgニホンミツバチたちが2階屋根のハフにベッタリ
(郡山市、
2010年8月中旬)

  






昨年の郡山市の夏は、気温が
30℃を超える日が続いていました。屋根裏の温度もかなり高かったはず。その証拠として、屋根裏に作ったスズメバチの駆除依頼が2010年は、ほとんどありませんでした。スズメバチは、屋根裏に巣を作ってみたものの暑すぎて死んでしまったものと思われます。

 

ミツバチたちが屋根裏から出てきている理由を、現場の状況を把握して、わたしが考えた3つの仮説をミツバチ駆除依頼された方に説明しました。


 

仮説1

「ミツバチたちが、これから分蜂しようとしている」

ニホンミツバチの分蜂の最盛期から大きくはずれた8月中旬という時期では無理があるので考えにくい。

 

仮説2

「屋根裏が暑すぎるので、巣から外に出て涼み、涼しくなったら屋根裏の巣に戻ってゆく」

ニホンミツバチは、もしかすると、このような習性を持っているかもしれないという新しい発見への期待がありました。ところが、あとで調べてみると、この習性を詳しく書いてあるのが見つかり、勉強不足と反省。


『ミツバチ学』の著者である菅原道夫氏の「ニホンミツバチの巣の温度調節」によれば、「夕涼み」という習性があるそうです。「気温が高くなるとミツバチたちが巣の入り口で、羽を震わせて風を起こし、巣中に送り込んで巣を冷やす。さらに気温が上がれば、巣の中に水をまき、巣の中の空気の流通がよくなるように多くのミツバチが巣の外に出る(ハチの夕涼み)」とのこと。

 

でも、おさまりそうもない連日の暑さに、このような形で対処していたら、ミツバチにかなりのストレスがかかるだろうなと思う。


 

仮説3

「屋根裏が暑すぎるので、今まで住んでいた巣を捨て、新しい環境を探そうとしている」

これが一番もっともらしい理由のように思えました。

 

ニホンミツバチは、「花の蜜が思うように採取できない、スズメバチやスムシなどの天敵に襲われる、巣を作ったところが暑すぎる」などのストレスがかかると、巣を捨てて新しい住居を求めて群れごと移動することがあります。これは、ニホンミツバチの飼育が難しいと言われる特徴的な習性のようで「逃去(とうきょ)」と言うそうです。

 

過去にニホンミツバチの逃去を経験したことがあります。ニホンミツバチの分蜂群を飼育箱に入れて、日向に設置して1週間くらいまでは良かったのですが、その後、気温が高く飼育箱内の温度も高くなりすぎて、逃去されてしまった苦い経験です。この経験と今回の事例を重ねて考えていました。

 


「ミツバチを駆除するという前に、もうしばらくソッとしておけば、屋根裏の巣に戻るのか、新しい住居を求めて群れごと移動してしまうのかわかるはず」と、観察してもらうことにしました。

 

ミツバチの行方がどうなったかを1週間後、確認しました。

結果は、「ニホンミツバチたちは全て移動した」でした。ニホンミツバチの逃去です。ミツバチの駆除依頼された方は、屋根裏に上がって、ミツバチたちが逃去後に残されたミツバチの巣を取ってきて、その巣から蜂蜜を濾して取っているとのことでした。ミツバチへの恐怖・心配から解放され、天然の蜂蜜がまさしく天井から降ってきたようなハピーエンドです。


ホームページ「スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除しますを開設しています。

会津若松市、いわき市、郡山市、福島市、喜多方市、須賀川市、白河市、田村市、本宮市、二本松市、伊達市など福島県内でスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどのハチ駆除は、ルイワン 蜂・害虫駆除センターにおまかせください。

ハチ駆除のご依頼、および無料電話相談は、 
    024−923−1563 にお電話ください!!

スズメバチについて
無料メール相談も受付中! 


ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村








posted by スズメバチ博士 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。