スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

800写真-ルイワンのハチ駆除原図@.jpg

2011年07月05日

スズメバチに刺された現場−小道そばの空き缶に作った巣を無視して通ってみれば・・・

スズメバチが畑に続く細い1本道を飛行コースにしてブンブン飛びまわっています。この小道は土手と農家の資材置き場に挟まれていて、この小道を通らなければ、かなり遠回りしないと畑に行けません。スズメバチの巣は資材置き場の地面にあった土壌消毒剤の空き缶に作っています。

 

キイロスズメバチの巣は小道そばの空き缶の中(郡山市、2010年10月中旬).jpgキイロスズメバチの巣は小道そばの空き缶の中(郡山市、201010月中旬)

 












スズメバチが畑に行こうとした人を刺してしまったので駆除して欲しいと、郡山市の方から、昨年
201010月中旬に駆除依頼がきました。スズメバチの種類はキイロスズメバチです。

 

キイロスズメバチの巣は地面にある空き缶の中(郡山市、2010年10月中旬).jpgキイロスズメバチの巣は地面にある空き缶の中(郡山市、201010月中旬)

 












現場に到着後、空き缶の巣に近づくとスズメバチが威嚇してきて、かなり警戒しているようです。現場の状況を見ると、遠回りするのが面倒なので、ソッと小道を通ればスズメバチは襲ってこないだろうとスズメバチの怖さを知らなければ思うかもしれません。実際、このスズメバチを駆除中に、畑に通じている この小道を通らせてくれという方がいました。ここで、スズメバチに刺された方も強引に通ろうとしたと思われます。

 

キイロスズメバチの巣が大きくなり、働き蜂がたくさんいる9〜10月頃の時期は最も危険です。キイロスズメバチが神経質になっていて警戒している時期です。巣の近くを通るだけで威嚇してくる時は、それを無視して近づけばスズメバチに襲われます。この事例のように地面に近い所に巣があって飛行コースが人間の背丈くらいとなるとスズメバチとの遭遇率が高くなり、刺される確率も高まると考えています。


ホームページ「スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除しますを開設しています。

会津若松市、いわき市、郡山市、福島市、喜多方市、須賀川市、白河市、田村市、本宮市、二本松市、伊達市など福島県内でスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどのハチ駆除は、ルイワン 蜂・害虫駆除センターにおまかせください。

ハチ駆除のご依頼、および無料電話相談は、 
    024−923−1563 にお電話ください!!

スズメバチについて
無料メール相談も受付中! 


ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村



posted by スズメバチ博士 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。