スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

800写真-ルイワンのハチ駆除原図@.jpg

2011年07月20日

スズメバチは小さな隙間をも見逃さず、屋根裏に巣を作る

スズメバチたちが屋根と壁の間にできた小さな隙間から盛んに出入り。玄関につながる道を歩いている間にスズメバチと確実にハチあわせするほど飛びまわっています。スズメバチの種類はキイロスズメバチです。福島県西白河郡泉崎村のお宅で一人で暮らしているお母さんがスズメバチに刺されないかと心配と娘さんから昨年201010月中旬に駆除の依頼がきました。

 

キイロスズメバチが盛んに出入り(福島県西白河郡、2010年10月中旬).jpgキイロスズメバチが盛んに出入り(福島県西白河郡泉崎村201010月中旬)

 












スズメバチたちは屋根と壁の部材が組み合わさった時にできた隙間から出入りしています。このような隙間をすべて埋めようとしたら、かなりの場所を埋めることになります。小さな隙間があれば見逃さず、キイロスズメバチがどこにでも巣を作る能力、恐るべしです。

 

キイロスズメバチたちが出入りする隙間(福島県西白河郡、2010年10月中旬).jpgキイロスズメバチたちが出入りする隙間(福島県西白河郡泉崎村201010月中旬)

 












スズメバチの巣を除去しようとしたら、少なくとも巣の大きさくらいは建物の一部を壊さなければなりません。

スズメバチの巣は1年だけしか使われず、翌年になるとその巣は再利用されることはありません。このスズメバチの習性から、成虫として活動しているスズメバチたち、巣内のいろんな発育段階にあるスズメバチたち、あるいは成長して成虫となって出てくるだろうスズメバチたちを確実に駆除できれば、危害を受けることはありません。
 

壁や天井などを壊してスズメバチの巣を取り出すという方法ではなく、巣の撤去をしませんが、創意工夫した方法を駆使して確実にスズメバチたちを駆除し、危害がない状態にすることに成功しました。スズメバチ駆除の終息宣言は、現場を再び訪問して確認後に行っています。

 

キイロスズメバチたちが出入りする隙間を埋める(福島県西白河郡、2010年10月中旬).jpgキイロスズメバチたちが出入りする隙間を埋める(福島県西白河郡泉崎村201010月中旬)

 












スズメバチの巣が作られたところは、巣を作る環境が良いところとも言えます。スズメバチは同じ経路で侵入し、次の年に再び同じ場所に巣を作る可能性は高いと思われます。次の年に侵入されないように、スズメバチが出入りしていた隙間を金属タワシでふさぎました。


ホームページ「スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除しますを開設しています。

会津若松市、いわき市、郡山市、福島市、喜多方市、須賀川市、白河市、田村市、本宮市、二本松市、伊達市など福島県内でスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどのハチ駆除は、ルイワン 蜂・害虫駆除センターにおまかせください。

ハチ駆除のご依頼、および無料電話相談は、 
    024−923−1563 にお電話ください!!

スズメバチについて
無料メール相談も受付中! 


ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村



posted by スズメバチ博士 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。