スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

800写真-ルイワンのハチ駆除原図@.jpg

2011年07月30日

スズメバチの巣がいたづらで一部欠ける、中学校の体育館天井の巣

スズメバチの大きな巣が中学校の体育館の高い天井にあります。子ども達にボールをぶつけられたらしく巣の一部が欠けています。巣のまわりでは、スズメバチがブンブン飛びまわっています。秋になり中学校の行事も目白押しなので、スズメバチの巣を早急に駆除して欲しいと、福島県西白河郡泉崎村の中学校から昨年201010月中旬に駆除依頼がきました。

スズメバチの種類はキイロスズメバチで、7〜8月頃に引っ越してきて大きくなった巣です。


 

キイロスズメバチの巣が中学校体育館の天井に(福島県西白河郡、2010年10月中旬).jpgキイロスズメバチの巣が中学校体育館の天井に(福島県西白河郡泉崎村201010月中旬)




















現場は、子ども達にいたづらされてから時間が経っているようで、スズメバチたちは比較的落ち着いていました。でも、巣は大きくなってますので巣のまわりをスズメバチたちがブンブン飛びまわっています。


スズメバチの巣を駆除している時には防護服にスズメバチたちが、次々とまとわりつきます。このことから想像すれば子ども達がいたづらした直後の状況は、想像しただけでも恐ろしい光景が思い浮かびます。


キイロスズメバチの巣は直径25cm(福島県西白河郡、2010年10月中旬).jpgキイロスズメバチの巣は直径25cm(福島県西白河郡泉崎村201010月中旬)















キイロスズメバチの巣は直径25cmあります。巣内には、白いまゆをかぶったサナギもたくさん残っています。来年の世代交代に向けて順調に大きくなった巣です。

 


キイロスズメバチの巣内に白いまゆが目立つ(福島県西白河郡、2010年10月中旬).jpgキイロスズメバチの巣内には、サナギの白いまゆが目立つ(福島県西白河郡泉崎村201010月中旬)















キイロスズメバチの大きな巣、いたづらした子ども達のワクワクしていたと思われる気持を、不謹慎ですが、わたしは理解できます。狩猟本能が目覚めるためでしょうか。いたづらする者がスズメバチに刺されるのは自業自得ですが、いたづらする者は逃げる段取りを考えて行動するので、刺されにくい。ところが、何も知らずに近くを通行していた人たちが巻き込まれて、興奮したスズメバチに刺されてしまうことがあるので悲劇なのです。



公共施設など子ども達が自由に行動できる空間にスズメバチの巣を発見したら、子ども達がその巣を見て狩猟本能が目覚める前にただちに駆除しないと大変なことになる可能性を秘めています。また、スズメバチの巣の周辺での集団行動が刺激となって刺される事例も多く、今回のような中学校体育館の事例では、巣を発見したら迷わず迅速駆除が望ましいのではないでしょうか。



ホームページ「スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除しますを開設しています。

会津若松市、いわき市、郡山市、福島市、喜多方市、須賀川市、白河市、田村市、本宮市、二本松市、伊達市など福島県内でスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどのハチ駆除は、ルイワン 蜂・害虫駆除センターにおまかせください。

ハチ駆除のご依頼、および無料電話相談は、 
    024−923−1563 にお電話ください!!

スズメバチについて
無料メール相談も受付中! 


ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村




posted by スズメバチ博士 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。