スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

スズメバチ・蜂の巣を福島の農学博士が駆除します!.jpg

2012年04月14日

スズメバチの巣が見えません、生垣の中に埋没する巣

スズメバチは生垣に巣をよく造りますが、枝葉にスッポリと隠れて巣が見えないことが多いです。お母さんが生垣のベニカナメを剪定中に数匹のスズメバチに襲われたと、2011年7月中旬に二本松市の方から駆除の依頼がきました。現場は、ベニカナメの枝葉がよく繁茂し、巣がなかなか見つかりません。

スズメバチの巣はまだ小さくて成虫の働き蜂も少なく、雨も降っていたので、巣を出入りするスズメバチの頻度は少ないです。お母さんにスズメバチに襲われたおおよその場所を教えてもらいましたが、なかなかスズメバチの巣が見つかりません。生垣の裏側に回って観察、たまに巣に戻ってくるスズメバチを目で追って、やっと巣を見つけました。スズメバチの種類はコガタスズメバチです。


スズメバチの巣は写真中央に 2011年.jpg
スズメバチの巣が、どこにあるか分かりますか・・・
二本松市、2011年7月中旬


 

スズメバチが樹木に造った巣は、枝葉をゆすると襲ってきて興奮状態になります。生垣や庭木の枝葉が繁茂し、かつスズメバチの巣が小さくて働き蜂が巣を出入りする頻度が少なく、巣を発見しにくい。そのような時期の剪定中に刺されてしまう事故が多い7月は、スズメバチに特に注意すべき月間かもしれません。



ウズメバチの巣が枝葉に 2011年.jpg 

スズメバチの巣がベニカナメの枝に造っている様子
二本松市、2011年7月中旬


スズメバチを駆除した後に巣をばらしてみると、直径11cmで、まだ巣盤は1段でした。これから飛躍的に大きくなる段階にあったコガタスズメバチの巣でした。


スズメバチの巣は直径11cm 2011年.jpg
コガタスズメバチの巣は直径11cm、巣盤が1段
二本松市、2011年7月中旬


コガタスズメバチの巣内には数匹の成虫しかいませんでしたが、これでもスズメバチの刺傷被害は起きています。


スズメバチの巣内にいた成虫 2011年.jpg
コガタスズメバチの巣内にいた女王蜂(右)と働き蜂たち(左)
二本松市、2011年7月中旬



コガタスズメバチの初期の巣はトックリを逆さまにした形で、この形であるかぎり巣にいる成虫は女王蜂だけで、積極的に攻撃してきません。巣内の働き蜂が成長して成虫になるとトックリの先端部分をかじり取るため球形の巣に変貌します。こうなると働き蜂が攻撃力となるため、おとなしい性格とはいえ、巣を揺するなどの刺激を与えると危険度は高くなります。


 

コガタスズメバチのトックリ型の巣が、成長して成虫になった働き蜂に先端部分をかじり取り始められるのは、福島県内であれば早くても6月中旬ごろだと推測されます。であれば仮説ですが、6月中旬までには樹木の剪定を終わらせておけば、コガタスズメバチに刺される危険性は極めて低くなるはずです。




ホームページ「スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除しますを開設しています。

会津若松市、いわき市、郡山市、福島市、喜多方市、須賀川市、白河市、田村市、本宮市、二本松市、伊達市など福島県内でスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどのハチ駆除は、ルイワン 蜂・害虫駆除センターにおまかせください。

ハチ駆除のご依頼、および無料電話相談は、 
    024−923−1563 にお電話ください!!

スズメバチについて
無料メール相談も受付中! 


ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村


posted by スズメバチ博士 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック