スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

800写真-ルイワンのハチ駆除原図@.jpg

2012年05月13日

スズメバチがヒバの低い場所に巣を作り、低空飛行で飛びまわる!

スズメバチが団地のまわりに植えられたヒバに巣を作りました。その巣は、たくさん植えられたヒバの1本にあり、高さ50cmと低い位置にあります。最近になって、スズメバチたちがポツポツと出入りするようになって、そこにスズメバチの巣があることに気付いたようです。福島市の方から2011年8月上旬に駆除依頼がきました。


スズメバチの巣がヒバの低いところに 福島市、2011年.jpg
スズメバチの巣が団地のヒバに
福島市、2011年8月上旬


ポツポツとスズメバチがヒバ樹内を出入りしています。スズメバチの出入りが集中する部分の樹内を覗き込むと巣がありました。スズメバチの巣はヒバの枝葉にみごとに隠れています。巣は覗き込まないと見えません。そのスズメバチは、静かに目立たずに生活圏内に忍び寄るコガタスズメバチです。


コガタスズメバチの巣 福島市、2011年.jpg
コガタスズメバチの巣
福島市、2011年8月上旬


コガタスズメバチの出入りがポツポツとあって初めて巣があるかもと気付くパターンです。スズメバチの巣の位置も低いので、巣がある周辺は低空で飛行するため歩行者と鉢合わせ遭遇もありえました。


コガタスズメバチの巣の巣盤は2段 福島市、2011年.jpg
コガタスズメバチの巣は直径13cm、巣盤は2段
福島市、2011年8月上旬


コガタスズメバチの巣は直径13cm、巣盤は2段と比較的小さな巣でした。巣内にいた働き蜂から腹部の腹節の間から奇妙な形をしたネジレバネという寄生昆虫が、頭部を出しているのを発見。スズメバチがネジレバネに寄生されると労働意欲がなくなります。また、働き蜂は、ふつう冬を越せないのですが、このネジレバネに寄生されると冬を越すことができるという不思議なことが起こります。


コガタスズメバチにネジレバネが寄生中.jpg
コガタスズメバチの働き蜂にネジレバネが寄生中


コガタスズメバチが比較的小ぶりだったのは、スズメバチがネジレバネに寄生されたことが影響したようです。自然界では、このような寄生虫が生態系のバランスをとるために、ときどきスズメバチの天敵として寄生しているのをみかけます。



ホームページ「スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除しますを開設しています。

会津若松市、いわき市、郡山市、福島市、喜多方市、須賀川市、白河市、田村市、本宮市、二本松市、伊達市など福島県内でスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどのハチ駆除は、ルイワン 蜂・害虫駆除センターにおまかせください。

ハチ駆除のご依頼、および無料電話相談は、 
    024−923−1563 にお電話ください!!

スズメバチについて
無料メール相談も受付中! 


ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村




posted by スズメバチ博士 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 2011年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。