スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

800写真-ルイワンのハチ駆除原図@.jpg

2012年06月01日

スズメバチが運ぶ巣材

スズメバチの巣はどのようなもので作られるか、ご存知でしょうか。コガタスズメバチの女王蜂が運んでいた巣材が、たまたま採取できたので、観察してみました。スズメバチの巣材は、土ではないかと回答される方が多いですが、スズメバチの巣材は木です。


スズメバチの女王蜂が運んでいた巣材 郡山市、2012年.jpg

スズメバチの女王蜂と運んでいた巣材
郡山市、2012年5月31


スズメバチは枯れ木や樹皮を頑丈な大あごでかじりとり、唾液を混ぜて球状に丸めた巣材を1個ずつ運んで巨大な巣を作ってゆくのです。巣材をかじる時、カリカリとすさまじい音がします。スズメバチが運ぶ巣材は直径5mmの球状です。



スズメバチが運ぶ巣材 郡山市、2012年.jpg

スズメバチが運んでいた巣材 (1目盛り1mm)
郡山市、2012年5月31


スズメバチが運んでいた巣材を拡大すると、かじりとった細かい破片群が唾液で球状にまとめられています。



スズメバチが運ぶ巣材の拡大 郡山市、2012年.jpg

スズメバチが運んでいた巣材を拡大
郡山市、2012年5月31


スズメバチの巣はうろこ状の破片を積み重ねたような巣をしていて、その模様は芸術的です。球状の巣材をくわえたスズメバチが巣に戻ると、再度噛み砕かれ、大あごで巣材を引き延ばすようにして、作り上げてゆきます。コガタスズメバチの女王蜂が作ったトックリ型の巣の表面を拡大してみました。



スズメバチの巣表面を拡大 郡山市、2012年.jpg

コガタスズメバチの女王蜂が作ったトックリ型の巣の表面
郡山市、2012年5月31


スズメバチが細かい巣材同士を唾液で接着するかのようにして巣を造り上げていることがわかります。巣材の材質が違うと模様まで異なることもわかります。


スズメバチの巣にさまざまな模様があるのは、さまざまなところからかじり取ってきた巣材の一つひとつで巣を作りあげているからです。スズメバチの巣材の色はどのような木からかじり取ってきたかによって異なります。


スズメバチの巣に抗菌活性がある成分が含まれていることがわかっています。その成分は、かじりとった巣材とスズメバチの唾液がまじりあうことによって起こる反応で生じるのではないかと推測されています。まだまだ、スズメバチの巣には神秘的なことが、たくさんあるような気がします。



ホームページ「スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除しますを開設しています。

会津若松市、いわき市、郡山市、福島市、喜多方市、須賀川市、白河市、田村市、本宮市、二本松市、伊達市など福島県内でスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどのハチ駆除は、ルイワン 蜂・害虫駆除センターにおまかせください。

ハチ駆除のご依頼、および無料電話相談は、 
    024−923−1563 にお電話ください!!

スズメバチについて
無料メール相談も受付中! 


ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村



 



posted by スズメバチ博士 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。