スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

800写真-ルイワンのハチ駆除原図@.jpg

2012年06月23日

スズメバチがいつもウロウロしている庭のウメの木! スズメバチの巣がないのに! 白河市、ハチ駆除2012 年事例

スズメバチが庭のウメの木に、いつも2〜3匹はウロウロしています。でも、スズメバチの巣はウメの木がある付近にはありません。スズメバチが巣をどこかに作っているんでしょうかというお問い合わせが、白河市の方からありましたので、2012年6月22日に調査に伺いました。

スズメバチがウロウロしているというウメの木は、たくさんの花が咲き誇る広い庭の奥にありました。スズメバチが、このウメの木でウロウロしています。よく見ているとウメの葉の表面をなめています。


コガタスズメバチが甘露をなめる 2012年.jpg
コガタスズメバチがウメの葉の表面をなめている様子

白河市、2012年6月22


このウメの木だけ、アブラムシが全体的に葉と枝にビッシリと団子状に寄生しています。


アブラムシがウメの枝葉にビッシリ寄生 2012年.jpg
アブラムシがウメの枝と葉にビッシリと団子状に寄生

白河市、2012年6月22


スズメバチを観察していると、次々にさまざまな種類のハチが集まってきます。お尻が黒い特徴のヒメスズメバチ、コガタスズメバチ、キイロスズメバチ、キアシナガバチも集まってきます。


ヒメスズメバチが甘露をなめる 2012年.jpg
ウメの葉にお尻が黒い特徴のヒメスズメバチ

白河市、2012年6月22


ウメの木がある庭、家の周りを見回りましたが、スズメバチの巣はありません。スズメバチはウメの木にあちらこちらから集まってきたようです。

スズメバチやアシナガバチの成虫は、樹液や花の蜜などを求めて集まってきます。それは、栄養源としての炭水化物を摂取するためです。

植物に寄生したアブラムシは、たえずお尻から甘露という排泄物を出します。この排泄物にはたくさんの糖分が含まれています。このアブラムシが出す甘露を求めて、さまざまな種類のスズメバチとアシナガバチが集まって来ていたのです。

スズメバチやアシナガバチが集まってくる原因がこの事例の場合、ウメに寄生していたアブラムシの甘露という排泄物なので、集まってきたハチを殺虫剤スプレーでやっつけようとしても、根本的な解決にはなりません。次々に新たなハチが甘露をなめるために集まってくるからです。

ウメに寄生したアブラムシの駆除が解決策になります。この事例では、スズメバチのウメへの通り道が玄関への道と重なるため、万が一を考えて対策をしました。アブラムシが団子状に寄生したウメの枝葉剪定、そして残った枝葉にアブラムシ用殺虫剤の散布で対応しました。



ホームページ「スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除しますを開設しています。

会津若松市、いわき市、郡山市、福島市、喜多方市、須賀川市、白河市、田村市、本宮市、二本松市、伊達市など福島県内でスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどのハチ駆除は、ルイワン 蜂・害虫駆除センターにおまかせください。

ハチ駆除のご依頼、および無料電話相談は、 
    024−923−1563 にお電話ください!!

スズメバチについて
無料メール相談も受付中! 


ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村




posted by スズメバチ博士 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。