スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

800写真-ルイワンのハチ駆除原図@.jpg

2013年03月18日

スズメバチが剪定中に襲ってきたが、間一髪で逃れる! 福島市、2012年7月中旬

庭の生垣が伸びたので剪定をしていました。順調に剪定が進んでいたのですが、いきなりスズメバチが生垣の中からブーンという羽音とともに襲ってきました。あわてて剪定ばさみを放り投げて逃げ、なんとか間一髪でスズメバチに刺されずにすみました。福島市で2012年7月中旬に起きた事例です。


スズメバチの巣があった生垣 福島市、7月中旬.jpg

スズメバチの巣があった生垣 
福島市、
20127月中旬


スズメバチの巣はスッポリと生垣の中に埋没しています。そこの枝葉に巣があると指示されてもわからないほどです。スズメバチの種類はおとなしいコガタスズメバチです。スズメバチの成虫は10匹もいませんでした。スズメバチの巣の近くにある枝葉には、剪定した切り口の跡が生々しく残っています(写真でわかります)。いかに間一髪だったか物語っています。



生垣の中にコガタスズメバチの巣 福島市、7月中旬.jpg 

生垣の中にコガタスズメバチの巣 
福島市、
20127月中旬


まだ7月中旬だったので、コガタスズメバチの巣も直径10cm程と小さく、羽化した働き蜂の数も少なかったです。巣盤に残った羽化跡からすると7匹の働き蜂が羽化しています。そこにスズメバチの巣があるとわかると、何とかパラリパラリと頻度は少ないながら出入りを確認できます。



コガタスズメバチたちと巣 福島市、7月中旬.jpg
コガタスズメバチたちと巣 
福島市、
20127月中旬


コガタスズメバチに刺されるのは、剪定作業中が圧倒的に多いです。その刺される状況の多くは、コガタスズメバチの巣が庭木に埋没していて見えなかった、あるいは巣に気付かなった場合で、剪定のために巣がぶらさがっていた枝葉を揺らしています。


 

ソーッとコガタスズメバチの巣に近づけば、驚くほど近くまでゆけます。しかし、巣を揺するようなことをすると直ちに巣穴からゾロゾロとスズメバチたちが出てきて攻撃されることになります。


 

では、どうすればいいのでしょうか。剪定時に庭木や生垣にスズメバチの出入りするところがないか、よく観察してから剪定を始めるというのが基本のような気がします。長い棒で庭木や生垣を叩いてスズメバチを確認するという方もいますが、簡単で確実な方法だと思います。でもちょっと危険かも・・・




ホームページ「スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除しますを開設しています。

会津若松市、いわき市、郡山市、福島市、喜多方市、須賀川市、白河市、田村市、本宮市、二本松市、伊達市など福島県内でスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどのハチ駆除は、ルイワン 蜂・害虫駆除センターにおまかせください。

ハチ駆除のご依頼、および無料電話相談は、 
    024−923−1563 にお電話ください!!

スズメバチについて
無料メール相談も受付中! 


ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村




posted by スズメバチ博士 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。