スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

800写真-ルイワンのハチ駆除原図@.jpg

2013年04月06日

スズメバチが薪を積んだ小屋からブンブン! 福島県西白河郡矢吹町、2012年7月下旬

薪を積み上げた小屋にスズメバチがいやに出入りしているなぁ〜と覗き込むと、薪の上に載せてあった紙製の米袋にスズメバチたちが出入りしています。また、気がかりなことがあります。その小屋の隣にある母屋の2階の軒下に数匹のスズメバチが塊になって何かしているようです。何をしているのでしょうか。福島県西白河郡矢吹町、20127月下旬の事例です。


スズメバチが薪を積んだ小屋からブンブン 福島県西白河郡、7月下旬
スズメバチが薪を積んだ小屋からブンブン 
福島県西白河郡矢吹町、
20127月下旬


薪を積み上げた小屋から母屋の庭を通る飛行経路でスズメバチたちが盛んに飛び回っていました。薪の上に放置していた米袋の中にスズメバチの巣があります。米袋の口が開いていたので、そこが出入り口のようです。スズメバチの種類は、どこにでも巣を作るキイロスズメバチです。


キイロスズメバチの巣は薪の上に放置した米袋の中 福島県西白河郡、7月下旬
キイロスズメバチの巣は薪の上に放置した米袋の中 
福島県西白河郡矢吹町、
20127月下旬


 

キイロスズメバチの駆除後に米袋を開けてみると、米袋の形状に合わせて巧みに作りあげた巣が出てきました。キイロスズメバチの巣は、直径が13pで巣盤が3段となっていました。女王蜂も巣内にいました。でも、キイロスズメバチの巣は米袋の中で最大限に大きくなった状態です。これ以上に巣を大きくする容積は、この米袋には残されていませんでした。



米袋いっぱいに作ったキイロスズメバチの巣 福島県西白河郡、7月下旬

米袋いっぱいに作ったキイロスズメバチの巣 
福島県西白河郡矢吹町、
20127月下旬


さて、母屋の2階の軒下で数匹のスズメバチが塊になって何をしているのでしょうか。このスズメバチの種類は、米袋に巣を作ったスズメバチと同じキイロスズメバチでした。


 

キイロスズメバチの習性がわかれば、この謎解きは上述した状況から容易にできます。キイロスズメバチが米袋の中から母屋の2階に引っ越しをしようとしていたのです。


 

越冬を終えた女王蜂が米袋の中に潜り込み、巣を作り始めました。女王蜂が単独で作った巣で育て上げた働き蜂も羽化してきて巣がドンドン大きくなって米袋いっぱいになりました。このままでは巣が拡張できないので、母屋の2楷の軒下に引っ越しを始めようとした矢先に駆除にあってしまいました。ということです。


 

キイロスズメバチの引っ越し巣が2楷の軒下に作られる前に米袋のキイロスズメバチの巣(母巣)を駆除しました。キイロスズメバチの引っ越し直前の母巣は、この事例のように巣盤が3段と、それなりの規模なっている場合がほとんどです。


この事例の母巣にいる働き蜂の数から考えてみても、引っ越し初期の小さな巣を駆除したら駆除完了とはいかないことがよくわかります。引っ越し初期の巣の駆除は、大元の巣である母巣を探し出して駆除するか、あるいは母巣を考慮した駆除技術が必要なのです。母巣を探し出せない場合でもキイロスズメバチ駆除が容易にできる技術開発に挑戦しています。



キイロスズメバチの引っ越しの習性について、わかりにくいと思います。何度も紹介していますが、初めてこの記事を読まれる方のために紹介します。



キイロスズメバチは引っ越しする・・・


 

土の中や朽木の中での越冬から春先に目覚めたキイロスズメバチの女王蜂は、さっそく巣作りを単独で始めます。巣を土の中、壁の中、天井裏など外敵からねらわれにくく、温度も保温されるような閉鎖的な場所に作ります。巣がだんだんと大きくなると閉鎖的な場所に作った巣が手狭になり、軒下などの開放的な広い場所に巣を移す、引っ越しが始まるのです。


 

働き蜂が引っ越し先を見つけてくると数十匹で巣を作りはじめますから、アッという間に大きな巣ができあがってしまいます。また、引っ越しするまで大元の巣(母巣)に女王蜂は目一杯卵を産んで、引っ越し巣に移ってゆきます。引っ越し後でも、大元の巣は、成虫になるまで引っ越し巣と行き来する働き蜂たちによって子育ては継続されます。


 

一方、天井裏に巣を作った場合、空間が広く引っ越しせずに、そのまま巣が巨大化するようです。引っ越さない分だけ大きな巣になります。


 

キイロスズメバチの引っ越し時期の駆除が難しい訳・・・


 

キイロスズメバチの引っ越し巣に大元の巣で育った成虫が合流するため、引っ越し巣の規模は一気に大きくなります。そのため、キイロスズメバチの引っ越し時期は、引っ越し巣を駆除しても大元の巣にいる子どもたちが成虫の働き蜂になって全員巣立つまで引っ越し巣に押し寄せてくることになります。


 

そのため、きちんと駆除するには大元の巣を見つけ、それを駆除する必要があります。ところが、大元の巣を見つけることは難しく、見つからない場合が多いです。キイロスズメバチの引っ越し時期は、引っ越し巣を駆除しても大元の巣で成虫になった働き蜂が押し寄せてくるので、キイロスズメバチの駆除は難易度が高いのです。



ホームページ「スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除しますを開設しています。

会津若松市、いわき市、郡山市、福島市、喜多方市、須賀川市、白河市、田村市、本宮市、二本松市、伊達市など福島県内でスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどのハチ駆除は、ルイワン 蜂・害虫駆除センターにおまかせください。

ハチ駆除のご依頼、および無料電話相談は、 
電話:024−923−1563
携帯:080−6008−3033
にご連絡ください!!

スズメバチについて
無料メール相談も受付中! 


ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村





posted by スズメバチ博士 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。