スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

800写真-ルイワンのハチ駆除原図@.jpg

2016年03月06日

スズメバチの巣の駆除法-郡山市の中学校の換気口ダクトに作ったスズメバチの巣を駆除

郡山市から中学校の換気口からハチが出入りしているので早急に駆除して欲しいとの依頼がありました(郡山市、2015年6月1日)。
直ちに早急に対応するため急行します。

先ずはハチが出入りするという換気口を観察して、ハチの出入りを確認します。
当初は、6月1日なので女王蜂が単独で巣作りと子育てをしているのだろうと思い込んでいました。

ところが、スズメバチの出入りがパラリパラリとあることと、そのスズメバチたちが小さいことから、もうすでに働き蜂の羽化が始まっていると判断しました。
思い込みに反省し、周到な観察から始めないと大けがをすると再認識です。

巣に女王蜂だけしかいないのか、羽化した働き蜂がいるのかでは駆除の危険度が全く違います。

働き蜂が羽化していれば戻ってくるスズメバチのこと、巣から出てきたスズメバチが四方八方から攻撃していることなど、駆除するには考慮すべきことがたくさんあります。
ましてやスズメバチは暴れん坊のキイロスズメバチでしたので一層の注意が必要です。

換気口を覗き込むと、換気口のダクトのソフトボール大の巣が見えます。
覗き込むと異変を感じたのか巣の中から働き蜂が出てきて巣の上をカサカサというせわしない音を立てて歩き回ります。
この音はザワザワする恐怖感を呼び起こします。


郡山市で換気口ダクトに作ったスズメバチ(キイロスズメバチ)の巣.jpg
郡山市で換気口ダクトに作ったスズメバチ(キイロスズメバチ)の巣


スズメバチの駆除は換気口のダクトにある巣へ確実に薬剤を送り届ける方法でスプレーすることから始めました。
巣から動きまわる音が消えて薬剤が効いたことが確認できるまで待ちます。

ダクト内の巣はソフトボール大と小さかったことから、換気口のスリットを壊さずに巣をなんとか撤去できると判断しました。
換気口のスリットを壊せば楽に巣を取り出せますが、それだは修理代がかかってしまいます。

スズメバチの巣内の動きが無くなったことを確認後、スズメバチの巣を針金を使って壊してスリットのすき間からかき出すと巣はうまく取り出せました。
できるだけ物を壊さないでスズメバチを駆除する方法を柔軟に考えることが大事です。

外出中でまだ巣に戻っていないスズメバチもいます。
そのために、戻り蜂対策をしっかりと行い、スズメバチ駆除完了です。

スズメバチの巣にはすでに十匹ほどの働き蜂が羽化していました。
このキイロスズメバチの女王蜂は働き蜂の羽化のようすから4月頃から巣を作り始めたと推定されます。

このスズメバチの巣を駆除している経過を動画にまとめたのでご紹介します。


【動画】スズメバチの巣の駆除法-郡山市の中学校の換気口ダクトに作ったスズメバチの巣を駆除


ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
お電話によるご相談、
駆除のご依頼も受付中!
080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村





posted by スズメバチ博士 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。