スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

800写真-ルイワンのハチ駆除原図@.jpg

2016年05月28日

福島市で蜂の巣の駆除- コガタスズメバチのトックリ型になる前の作り始めの巣を落としたら・・・

コガタスズメバチの女王蜂が単独でベランダの軒下に巣を作っていたので、3日前に巣を落としました。

ところが、まったく同じ場所に女王蜂が再び巣を作ったので駆除をご依頼されました(福島市、2016年5月28日)。


落とした巣があった場所と同一場所に作ったコガタスズメバチの巣(福島市).jpg

落とした巣があった場所と同一場所に作ったコガタスズメバチの巣(福島市、2016年5月28日)


3日前に落とした巣はコガタスズメバチの典型的なトックリ型の初期巣になる前の巣だったようです。

コガタスズメバチの女王蜂は、このくらいの大きさの時に巣が落とされても、めげずに全く同じ場所に巣作りを開始したことに根性を感じます。

巣を落とされたら、別の場所に巣を作るか、あるいは巣作りをあきらめるかのどちらかだろうと思い込んでいたので意外です。

これは、同じ場所に女王蜂に巣を作らせたくなかったら、巣を落としただけではダメであることを意味します。

コガタスズメバチの女王蜂を駆除、巣を撤去(福島市).jpg

コガタスズメバチの女王蜂を駆除、巣を撤去(福島市、2016年5月28日)



3日前に落としたコガタスズメバチの巣の様子と今日の巣の様子を動画でご紹介します。



【動画】福島市で蜂の巣の駆除- コガタスズメバチのトックリ型になる前の作り始めの巣を落としたら・・・



昔から興味を持っていることがあります。

女王蜂が単独で作っていた巣を落とされたとき、再び巣を作ることをあきらめる巣の大きさとは、どのくらいの時期なんだろうということです。

コガタスズメバチの女王蜂が単独で作る典型的なトックリ型の巣が完成した頃なのでしょうか。

これくらいの大きさになるまでには、かなりの労力がかかっているので、この時に巣を落とされれば、さすがの女王蜂の労働意欲も減退するような気がしますが・・・
どうなんでしょうか・・・



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
お電話によるご相談、
駆除のご依頼も受付中!
080−6008−3033までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村







posted by スズメバチ博士 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。