スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

800写真-ルイワンのハチ駆除原図@.jpg

2016年05月31日

郡山市で蜂の巣駆除- クマバチの巣の構造

庭の垣根のイヌツギの枯れ木に直径1cmほどのドリルで開けたような丸い穴があります。

そこにクマバチが出入りしていると駆除のご依頼がきました(郡山市、2016年5月31日)。


クマバチの巣があった庭の垣根のイヌツギ(郡山市).jpg

クマバチの巣があった庭の垣根のイヌツギ(郡山市、2016年5月31日)


クマバチに穴を開けられた垣根の木は枯れていました。

この穴はクマバチの巣への出入り口で、枯れ木の内部には巣があります。


垣根の枯れ木にあったクマバチの巣への出入り口の丸い穴(郡山市).jpg

垣根の枯れ木にあったクマバチの巣への出入り口の丸い穴(郡山市、2016年5月31日)


この枯れ木を切り出し、縦に切ってクマバチの巣の構造を観察してみました。

枯れ木の内部はかじりとられてトンネル状になっていて、かじりとった木くずで壁を作って10数個の部屋に仕切られていました。

それぞれの部屋には、花粉と花の蜜からできているのでしょうか、大きな団子が1個ずつ入っています。

そして、クマバチの幼虫たちが各部屋に1匹づつ入っています。


垣根の枯れ木にあったクマバチの巣の内部構造(郡山市).jpg

垣根の枯れ木にあったクマバチの巣の内部構造(郡山市、2016年5月31日)


クマバチの幼虫はけっこう大きくなっていました。


垣根の枯れ木の巣にいたクマバチの幼虫(郡山市).jpg

垣根の枯れ木の巣にいたクマバチの幼虫(郡山市、2016年5月31日)


クマバチがかじり取った木くずで作った部屋の壁は、年輪のような同心円状の模様なので、外側から中心に向かって作っていることがわかります。


クマバチがかじり取った木くずで作った部屋の壁の模様(郡山市).jpg

クマバチがかじり取った木くずで作った部屋の壁の模様(郡山市、2016年5月31日)



クマバチの巣があった垣根の様子とクマバチの巣の内部構造の詳細を動画でご紹介します。



【動画】郡山市で蜂の巣駆除- クマバチの巣の構造


クマバチは身近なハチで、どこにでもいます。

決して、怖いハチではないのですが、いかつい姿かたちとブーンという羽音を立て飛び回るので迫力があります。

クマバチは積極的に襲ってくることはありませんし、手で握らないかぎり刺すこともありません。

知らないことには、知らないがゆえに恐怖感が生まれてくるのかもしれません。

クマバチの巣の構造など、ほとんどの方が知らないのではないかと思います。

少しでもクマバチのことを知ることが大切だと思います。




ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
お電話によるご相談、
駆除のご依頼も受付中!
080−6008−3033までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村






ラベル:クマバチ 郡山市
posted by スズメバチ博士 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。