スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

スズメバチ・蜂の巣を福島の農学博士が駆除します!.jpg

2017年05月15日

矢吹町でスズメバチ駆除・ハチ駆除- スズメバチの猛攻撃を受けながらガラクタに埋もれた引越し前の巣を探し出して駆除!


納屋の軒下にキイロスズメバチの直径15cmほどの引っ越し巣があります(2016年7月30日、矢吹町)。
まだ7月なのにキイロスズメバチの活発な引っ越し巣です。

キイロスズメバチの引っ越し最盛期、近くに引っ越し前の巣(母巣)があるはずと探します。

母巣とは長い越冬終えたキイロスズメバチの女王蜂が春先に作り始めた巣のことです。


矢吹町でスズメバチの引っ越し巣の駆除.jpg
スズメバチの引っ越し巣(矢吹町)


キイロスズメバチには引っ越しする習性があります。

この習性を詳しくお知りになりたい方は「キイロスズメバチの引っ越し」をご参照ください。


納屋の隣にガラクタ置き場があって、そこがあやしいと目をつけました。


矢吹町でスズメバチの母巣の駆除現場.jpg
スズメバチの引っ越し前の巣(母巣)があるガラクタ置き場(矢吹町)


この積み重なるガラクタの中からスズメバチが出入りしているので、母巣はこのガラクタの中に埋もれていると確信して探します。

ガラクタをどけて巣を探している間に、ドンドンとスズメバチの猛攻撃を受けます。

殺虫剤をスプレーしながら、スズメバチの羽音を頼りにスズメバチの母巣を探して、ついに見つけました。

スズメバチの母巣は、埋もれていた机の引き出しの奥の方にありました。


矢吹町でスズメバチの母巣駆除.jpg
引き出しの奥にあったスズメバチの母巣(矢吹町)


スズメバチの母巣は、母巣にしては大きなものでした。

母巣内は、サナギがギッシリ詰まっていて、その勢力が大きいことを物語っています。



矢吹町で駆除したスズメバチの母巣.jpg
机の奥にあった駆除したスズメバチの母巣(矢吹町)


このまま母巣を駆除せずに放置していたら、納屋の軒下の巣を駆除しても、間違いなく再び巣が再生されていたでしょう。

このように確信を持って言えるほどの大きな活発な母巣でした。



矢吹町で駆除したスズメバチの引っ越し巣.jpg
納屋軒下の駆除したスズメバチの引っ越し巣(矢吹町)


駆除した引っ越し巣内には、サナギになったものがいました。

母巣では、ほとんどものがサナギになっていました。

このような発育状況は、引っ越し巣と母巣の関係を物語っています。



矢吹町でスズメバチ駆除・ハチ駆除- スズメバチの猛攻撃!ガラクタに埋もれた机の引き出しの引越し前の巣を駆除!




スズメバチの引っ越し巣は、見えるところに巣を作るので駆除はそんなに難しくありません。

引っ越し巣を駆除しただけでは終わらないとなると、引っ越し前の巣である母巣を見つけなければなりません。

母巣は、引っ越し巣のように見える場所に作らないので、見つけるのがかなり難しいです。

キイロスズメバチの引っ越しするという習性を知らなければ、多くの方は「こんな小さな巣(引っ越し巣)を駆除するのは簡単だろう」と思うはずです。

そういうふうに簡単にいかないのが、このスズメバチ駆除事例のようなキイロスズメバチの引っ越し巣なのです。




ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村




posted by スズメバチ博士 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 2016年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449914142

この記事へのトラックバック