スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

スズメバチ・蜂の巣を福島の農学博士が駆除します!.jpg

2017年06月28日

いわき市で入り組む天井にあるトックリ型のスズメバチの巣を駆除!

たまたま駐車場の天井を飛んでいるスズメバチを見つけました。
その天井を見上げると、そこにトックリ型の巣があったとのこと(2017年6月17日、いわき市)。
「今日、駆除してもらいたい」とのご要望があってお問い合わせがあり、駆除のご依頼となりました。



いわき市でスズメバチ駆除の現場.jpg 
スズメバチ駆除の現場(いわき市)


天井は複雑に入り組む構造でトックリ型のスズメバチの巣が隠れるようになっていました。

「よくぞ、巣を見つけることができた」という感じでしょうか。


いわき市でトックリ型のスズメバチの巣.jpg
トックリ型のスズメバチの巣(いわき市)


トックリ型の巣は典型的なコガタスズメバチの初期巣です。

越冬を終えた女王蜂が単独で作り上げた巣です。

トックリ型の細い先端部分があるので、働き蜂がまだ1匹も成虫になっていないことがわかります。


いわき市で駆除したスズメバチの巣.jpg
駆除したスズメバチの巣と女王蜂(いわき市)


トックリ型のスズメバチの巣がある駐車場の天井は複雑に入り組んいますが、ネットを使って駆除を試みました。

巣をネットで取ってみると、その巣内には女王蜂がおらず、外出中でした。

そこで、巣に戻ってきた女王蜂を確実に捕まえるために、粘着板を使って捕虫!


飛び回るスズメバチに殺虫剤を噴霧しても、なかなかスズメバチに殺虫剤かからないことが多いです。

飛び回るスズメバチは粘着板をふりまわす方が確実に捕虫できると思い、ときどき粘着板を使っています。

ただし、粘着板で捕虫をはずしてしまうと、スズメバチの逆襲という危ない目に合うこともあります(これで刺された経験者は語る)。

スズメバチの捕虫に粘着板を使うときは、万全の防護体制を整えることが絶対条件です。



いわき市でスズメバチ駆除- 天井のトックリ型の巣を駆除!




スズメバチの巣の早期発見には、スズメバチが飛んでいたら「蜂の巣がどこかにあるかも」とちょっとしたこだわりが大切なのかもしれません!





ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村






posted by スズメバチ博士 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック