スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

スズメバチ・蜂の巣を福島の農学博士が駆除します!.jpg

2018年02月08日

スズメバチ駆除 in 鏡石町- 夏休みの小学校グラウンドにスズメバチの巣!

夏休みのまっただ中、鏡石町教育委員会から小学校のグランドにスズメバチの巣があるとの緊急駆除のご依頼(2017年8月2日)。
グラウンド近くのプールには、たくさんの子供たちも泳ぎに来ていた。
スズメバチの巣は、校舎から出て、グラウンド入り口の生垣にあった。
スズメバチは、凶暴なキイロスズメバチ。


鏡石町でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(鏡石町)



巣は生垣の中に埋もれて見えない。
グラウンドを横切るのがスズメバチたちの飛行ルートだ。
生垣の奥の方に作った巣に激しく出入りしている。


鏡石町で生垣のスズメバチの巣.jpg
生垣のスズメバチの巣(鏡石町)



ソッーと生垣の奥の方をのぞいてみる。
枝葉がこみ合っているばかりか、その枝葉を巣の構造物の一部としてスズメバチが使っている。


ヘタに生垣の枝葉を揺すると巣に刺激が伝わり、巣の中にいたスズメバチたちが巣穴からゾロゾロと出てきてしまう。
そうなったら、出てきた多数のスズメバチたちが乱れ狂ったように飛び回り、しばらくは手をつけられなくなる。

そうならないように、枝葉を揺すらないように殺虫剤を使う必要がある。
こみ入った枝葉を揺すらないように殺虫剤の使用方法をちょっと工夫している。

この方法を使って殺虫剤をスプレーしたら、枝葉を揺するらずに済み、スズメバチたちが巣穴からゾロゾロと出てくることがなかった。


このような生垣の中にスズメバチが巣を作った場合、もう一つやっかいなことは、枝葉を巧みに利用して、スズメバチが巣を作っていることだ。
そのため、巣の構造物となっている枝葉を切っても切っても、なかなか生垣の中から巣を取り出せない。
時間がかかってしまう。


鏡石町でスズメバチ駆除後の巣跡.jpg
スズメバチの巣の撤去跡(鏡石町)



駆除したスズメバチの巣の中をみると、成虫となって出てきた働き蜂の羽化跡がたくさんあって目に付く。
その羽化跡を見ると、成虫となった働き蜂が爆発的に増えていたことを物語っている。


鏡石町で駆除したスズメバチの巣.jpg
駆除したスズメバチの巣(鏡石町)



明るいうちにスズメバチの巣を駆除すれば、巣の中のスズメバチたちをうまく駆除できても、巣に戻ってくるまだまだたくさんのスズメバチたちがいる。
当然であるが、戻ってくるスズメバチ対策は必ず行う必要がある。



このスズメバチ駆除事例を動画にまとめてみた。



鏡石町でスズメバチ駆除- 子供たちが危ない!夏休みの小学校グラウンド!



8月初旬のキイロスズメバチの巣は、成虫になった働き蜂が爆発的に増えた時期だった。
生垣に作ったスズメバチの巣は、枝葉を揺すっただけでも、その刺激はスズメバチの巣に伝わってしまう。

そうなったら、たくさんのスズメバチたちが刺激に反応、巣の中から出てきて襲ってくるので大騒ぎなる。

子供たちがよく通るグラウンド、そこを通ったタイミングで子供たちが刺されてしまいそうな危険な現場だった。



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村





posted by スズメバチ博士 at 23:41| Comment(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: