スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

800写真-ルイワンのハチ駆除原図@.jpg

2018年03月21日

スズメバチ駆除 in 小野町- 庭の桜の木に巣! 高い所の枝葉にぶらさがっている!

庭にあるしだれ桜の木にサッカーボールほどのスズメバチの巣がある。
高い所の枝葉にぶら下がるように巣を作っていた(小野町、2017年8月7日)。

スズメバチは、凶暴なキイロスズメバチ。
いつものように高所作業車やはしごを使わない独創的な方法で駆除・巣の撤去をした。


小野町でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(小野町)



キイロスズメバチには、7〜8月頃に土中の巣などが手狭になると開放的な軒下などに巣を引っ越すという習性がある。

ところが、樹木に作るキイロスズメバチの巣は、引っ越してきた巣ではなく、越冬を終えた女王蜂が春先に単独で作った巣(母巣)をそのまま大きくしていること場合が多い。
(ここでは「多い」と表現したが、「ほとんどである」とするか、「多い」とするかは今後も調査が必要である)


小野町でサクラにスズメバチの巣.jpg
サクラの枝葉にぶら下がるスズメバチの巣(小野町)



この事例のキイロスズメバチの巣は、越冬を終えた女王蜂が春先に単独で作った巣(母巣)をそのまま大きくしたものだった。

女王蜂が単独で作った色が淡い巣と、その巣につけたすように成虫になった働き蜂たちが作った色が濃い巣という色の違いで明白だ。


小野町で駆除したスズメバチの巣.jpg
駆除したスズメバチの巣(小野町)



庭にあるしだれ桜の高いところの枝葉にキイロスズメバチが作ったサッカーボールくらいの巣、およびこの事例の巣がキイロスズメバチが引っ越してきた巣ではないことを説明した動画を紹介する。



小野町でスズメバチ駆除- 桜の木に巣! 高い所の枝葉にぶらさがる! 



キイロスズメバチの巣が引っ越してきた巣であるかどうかを判断することは大事なことである。
7〜8月というキイロスズメバチが引っ越しする最盛期では特に。

引っ越して1か月も経っていない巣を駆除しても、引っ越し前の巣(母巣)から羽化して成虫になった働き蜂が巣跡に来て再び巣を作ることがある。。
引っ越し巣である場合、引っ越し巣だけでなく、この母巣の働き蜂を駆除しないと、再び巣を再生されることがある。

キイロスズメバチは、巧みに生き延びる習性を持っている、人間にとってはやっかいなスズメバチだ。



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村






posted by スズメバチ博士 at 11:02| Comment(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。