スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

800写真-ルイワンのハチ駆除原図@.jpg

2018年04月27日

スズメバチ駆除 in 田村市- 小さ目の引っ越し巣が納屋の軒下に! 引っ越し前の巣(母巣)も駆除せねば!

納屋の軒下にメロンくらいのスズメバチの巣があるとのこと(田村市、2017年8月25日)。
スズメバチは、引っ越しをする習性があるキイロスズメバチだ。


田村市でスズメバチの引っ越し巣の駆除現場.jpg
スズメバチ駆除の現場- 引っ越し巣(田村市)



キイロスズメバチが納屋の軒下に、近くのどこからか引っ越してきて巣を作った。
引っ越し前の巣(母巣)も駆除しなければ、引っ越し巣だけを駆除しても再び巣が作られてしまう。


田村市で軒下にスズメバチの引っ越し巣.jpg
納屋軒下のスズメバチの引っ越し巣(田村市)



納屋軒下の引っ越し巣は3層で、成長の早いもので、やっとサナギになっていた成長段階だった。


田村市で駆除したスズメバチの引っ越し巣.jpg
駆除したスズメバチの納屋軒下の引っ越し巣(田村市)



裏山の草刈り中に数匹のハチが出てきた所があるとのこと。
そこに引っ越し前の巣(母巣)があるはずだ。


田村市でスズメバチの母巣の駆除現場.jpg
スズメバチ駆除の現場- 母巣(田村市)



裏山でハチが出てきたという場所を教えてもらい、耳を澄ましてハチの出入りをひたすら待つ。
すると、枝葉を堆積した場所にブーンという羽音とともにキイロスズメバチが現れ、そこに潜ってゆく。

この場所にキイロスズメバチの引っ越し前の巣(母巣)の巣があるはずだ!

先ずは、スズメバチが潜っていった隙間に殺虫剤をスプレーした。
さらに、堆積した枝葉を鎌を使いながらどけてゆき、なんとか母巣にたどりついた。


田村市で駆除したスズメバチの母巣.png
枝葉を堆積した場所にスズメバチの巣- 母巣(田村市)



駆除した母巣は3層で、その中は、ほとんどが羽化跡で、幼虫とサナギがわずかに残っていた。
これれらが羽化して成虫になる毎に納屋軒下の引っ越し巣に集合することになる。

そのため引っ越し巣を駆除しても、再び引っ越し巣が作られてしまうことがあるのだ。
特に、引っ越してから時間が経っておらず、巣が小さいほど、その巣の再生率は高くなる。、


田村市で駆除したスズメバチの母巣.jpg
駆除したスズメバチの母巣(田村市)



田村市で納屋の軒下に作ったキイロスズメバチのメロン大の引っ越し巣、裏山にあった母巣とその駆除シーン、母巣と引っ越し巣を往復してみた様子などを動画で紹介する。


田村市でスズメバチ駆除- 小さ目の引っ越し巣が納屋の軒下に! 引っ越し前の巣も駆除せねば!



この事例では、引っ越し巣があった納屋と母巣があった裏山をはさんで母屋があった。
また、その引っ越し巣と母巣の直線距離は50メートルほどだった。

キイロスズメバチの引っ越し巣から母巣までの直線的な距離はさまざまであるが、50メートル前後が多いような気がする。
また、その間に建物をはさんでいるパターンが多いようだ。

この事例の母巣には、幼虫とサナギがわずかしか残っていなかったことに対して、引っ越し巣では最大に成長したものでもサナギだった。
引っ越し巣では、母巣の状況とある程度は同調して成虫になった羽化跡がなければならないはずだが、そのようになっていなかった。

この点が気がかりで違和感を感じてしまった。
この母巣から引っ越してきた巣を駆除したことがあり、この納屋の引っ越し巣は再び作ったのだろうか。

このようなことがあったかを聞いていなかったので、今となっては真実がわからない。

キイロスズメバチの引っ越し巣については「キイロスズメバチの引っ越し」を参照のこと。



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg
スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。
080−6008−3033 までお電話ください!
ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村






posted by スズメバチ博士 at 19:33| Comment(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。