スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

スズメバチ・蜂の巣を福島の農学博士が駆除します!.jpg

2018年05月16日

スズメバチ駆除 in 矢吹町- 夜の暗闇で2階の軒下の巨大な巣を駆除!

矢吹町で暗闇の中、懐中電灯を頼りに2階の軒下にぶら下がる巨大なスズメバチの巣を駆除した(矢吹町、2017年9月24日)。
スズメバチは、凶暴なキイロスズメバチだ。

9月下旬の活動最盛期のキイロスズメバチの巨大な巣だ。
隣には会社の駐車場があって、スズメバチの巣を放置すると危ないということで駆除することになった。


矢吹町でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(矢吹町)



キイロスズメバチの巣も大きくなった この時期になると、夜でもキイロスズメバチが巣の外に出ていて警戒態勢をとっている。
一方、身近なスズメバチであるコガタスズメバチは、キイロスズメバチと違って夜になると、通常はみんな巣の中に入っていて巣の外に出ているものはいない。

キイロスズメバチは用心深い。

夜の駆除は、外出したスズメバチも巣に戻っているので、一網打尽で駆除できる。
反面、暗闇の中で周囲の状況が見えないので、作業をするには危険が多い。

この事例では、2階軒下に届くような2段梯子を使って駆除するところだが、夜の作業で危険だ。
そのため、2段梯子を使わないで済む安全な独自の方法で駆除した。


矢吹町で軒下のスズメバチの巣.jpg
2階の軒下にぶら下がるスズメバチの巣(矢吹町)



駆除したキイロスズメバチの活動最盛期の巣であるため、巣内の様相は真っ白なまゆをかぶったサナギでギッシリと詰まっていた。
巣を放置すれば、まだまだ活発な活動が続くことを物語っていた。


矢吹町で駆除したスズメバチの巣.jpg
駆除したスズメバチの巣(矢吹町)



矢吹町で夜の暗闇を懐中電灯で照らし出されたキイロスズメバチの巣、その巣の上にいる うごめくキイロスズメバチ、および駆除した巣の様子を動画で紹介する。


矢吹町でスズメバチ駆除- 夜の暗闇で2階の軒下の巨大な巣を駆除!



キイロスズメバチは、真っ暗な夜になると日中の活発な動きを想像できないくらいにおとなしくなる。
また、日中ならば外出から巣に戻るスズメバチがいるが、夜ならばスズメバチはほとんど巣に戻ってきているので一網打尽の駆除ができる。

だから、昔からスズメバチ駆除は、夜に行われてきた。
スズメバチ駆除は夜の暗闇の中で行うのが、スズメバチの性質からみれば理想的なのだろう。

でも夜の駆除は、周りが暗闇につつまれて見えないので駆除がやりにくい。
例えば、枝葉を巻き込んだ巣を枝葉を切り落として取り出す作業、障害物をどかしながら状況を判断して巣を取り出す作業、どこに巣があるかを探し出す作業・・・

夜の暗闇での駆除作業では、作業者は周りの状況が十分に把握できないので、作業することが怖いこともあれば、あるいは難しくなることもある。
夜の駆除も日中の駆除も一長一短がそれぞれにありそうである。

この事例のように2階の軒下という高い所にあるスズメバチの巣を2段梯子を使って夜に駆除するには危険度が高すぎる。
この事例では、安全な独自の方法を使って2階の軒下にあったキイロスズメバチの巨大な巣を駆除した。



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg
スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。
080−6008−3033 までお電話ください!
ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村




posted by スズメバチ博士 at 12:30| Comment(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: