スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

スズメバチ・蜂の巣を福島の農学博士が駆除します!.jpg

2018年06月24日

スズメバチ駆除 in 郡山市- 驚き!逆トックリ型をしたコガタスズメバチの巣なのに2匹の働き蜂の成虫がいた!

郡山市で2階の窓枠に逆トックリ型をしたコガタスズメバチの巣があった(郡山市、2018年6月22日)。
まだ逆トックリ型の巣なので成虫は女王蜂だけと思い込んでいた。
駆除後に巣を解体すると、なんと驚いたことに、2匹の成虫になった働き蜂がいた。


郡山市でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(郡山市)



逆トックリ型で巣の先端に細い部分がある限り、その巣にいる成虫は女王蜂だけである。
働き蜂が成虫になって羽化してくると、その働き蜂は巣の細い先端部分をかじり取って巣を球状に整形する。

巣は逆トックリ型をしていたので、巣の中に成虫は女王蜂だけと思い込んで駆除をした。
まさか、この巣の中に成虫になった働き蜂が2匹もいるとは思いもよらなかった。


郡山市で2階の窓枠にスズメバチの巣.png
2階の窓枠に逆トックリ型をしたスズメバチの巣(郡山市)



駆除後に撤去した巣を解体して驚いた。
巣の中から2匹の成虫になった働き蜂が出てきた。

女王蜂が単独で育て上げた働き蜂の成虫は、かなり小さい。
巣盤には2匹の働き蜂の羽化したことを示す羽化跡が2つあった。


郡山市で駆除したスズメバチの巣.jpg
駆除したスズメバチの巣(郡山市)



郡山市で玄関の真上にある窓枠に作られた逆トックリ型をしているコガタスズメバチの巣、そして駆除、巣を解体した時の様子を動画で紹介する。


郡山市でスズメバチ駆除- 驚き!逆トックリ型をした巣なのに2匹の働き蜂の成虫がいた!



逆トックリ型をしていたコガタスズメバチの巣であったが、巣には2匹の働き蜂が羽化して成虫になっていた。
働き蜂の成虫は、2匹とも弱弱しく羽化後、それほど時間が経っていないようだった。

この巣では、最初に羽化してきた働き蜂によってトックリ型の巣の細い先端部分がかじり取られて巣を球状に整形する作業が始まったばかりだったと思われる。
福島県では、ちょうど働き蜂が成虫になって羽化してくる時期が到来したようだ。

いよいよ、トックリ型の巣から球状に変化し、働き蜂が飛び交うことが始まる。




ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg
スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。
080−6008−3033 までお電話ください!
ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
  ↓





posted by スズメバチ博士 at 21:46| Comment(0) | 2018年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: