スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

スズメバチ・蜂の巣を福島の農学博士が駆除します!.jpg

2010年08月06日

スズメバチの顔は、女王蜂と働き蜂、どのように違うの?−キイロスズメバチ−

キイロスズメバチの女王蜂と働き蜂の顔のアップ写真を撮ってみました。引っ越したばかりの巣にいたので母親と娘の関係にあります。 顔の大きさが女王蜂と働き蜂では明らかに違います。顔の各パーツのバランスが微妙に異なっています。でも、よく似ています。
 キイロスズメバチの女王蜂と働き蜂(福島県田村郡、2010年8月上旬).jpg
キイロスズメバチの女王蜂(右)と働き蜂(左)の顔
 
福島県にて2010年8月採取) 






キイロスズメバチの女王蜂(福島県田村郡、2010年8月上旬).jpgキイロスズメバチの女王蜂の顔
福島県にて2010年8月採取) 






キイロスズメバチの働き蜂(福島県田村郡、2010年8月上旬).jpgキイロスズメバチの働き蜂の顔
福島県にて2010年8月採取) 






写真は、2010年8月上旬に福島県で駆除した引っ越し巣にいたキイロスズメバチの女王蜂と働き蜂の顔です。さすがは女王蜂、黒光りして威風堂々としています。これから、秋に向けた巣つくり途上の女王蜂でした。


ホームページ「スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除しますを開設しています。

会津若松市、いわき市、郡山市、福島市、喜多方市、須賀川市、白河市、田村市、本宮市、二本松市、伊達市など福島県内でスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどのハチ駆除は、ルイワン 蜂・害虫駆除センターにおまかせください。

ハチ駆除のご依頼、および無料電話相談は、 
    024−923−1563 にお電話ください!!

スズメバチについて
無料メール相談も受付中! 


ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村



posted by スズメバチ博士 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(1) | スズメバチの種類とその特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

スズメバチの顔は、女王蜂と働き蜂、どのように違うの?

コガタスズメバチの女王蜂と働き蜂の顔のアップ写真を撮ってみました。同じ巣にいたので母親と娘の関係にあります。

顔の大きさが女王蜂と働き蜂では明らかに違うので、顔の各パーツのバランスが微妙に異なっています。でも、よく似ています。

コガタスズメバチの女王蜂(右)と働き蜂(左)の顔(福島県にて2009年7月採取).jpg 
コガタスズメバチの女王蜂(右)と働き蜂(左)の顔
(福島県にて
2009年7月採取)






コガタスズメバチの女王蜂の顔(福島県にて2009年7月採取).jpgコガタスズメバチの女王蜂の顔
(福島県にて
2009年7月採取)








コガタスズメバチの働き蜂の顔(福島県にて2009年7月採取).jpgコガタスズメバチの働き蜂の顔
(福島県にて
2009年7月採取)
 








厳しい冬を乗り越えて、巣作り、子育てをしてきた女王蜂には、何も言わなくても伝わってくる風格を感じます。

写真は、今年の7月に福島県で駆除したコガタスズメバチの女王蜂と働き蜂の顔ですが、秋になり巣が大きくなったときには、女王蜂はどのような顔になっているのでしょうか?


ホームページ「スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除しますを開設しています。

会津若松市、いわき市、郡山市、福島市、喜多方市、須賀川市、白河市、田村市、本宮市、二本松市、伊達市など福島県内でスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどのハチ駆除は、ルイワン 蜂・害虫駆除センターにおまかせください。

ハチ駆除のご依頼、および無料電話相談は、 
    024−923−1563 にお電話ください!!

スズメバチについて
無料メール相談も受付中! 


ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村




posted by スズメバチ博士 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スズメバチの種類とその特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

スズメバチの種類の見分け方(その2)−日本に生息するスズメバチ属7種−

 日本には,スズメバチ属に分類される7種のスズメバチが生息しています。その7種とは,オオスズメバチ,コガタスズメバチ,キイロスズメバチ,ヒメスズメバチ,モンスズメバチ,チャイロスズメバチ,ツマグロスズメバチです。「スズメバチの種類の見分け方(その1)」にひきつづいて,オオスズメバチ,コガタスズメバチ,キイロスズメバチ,モンスズメバチの見分け方を示します。               

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                                    
          単眼の周囲の色は?              

                                   

(1)赤褐色の場合・・・オオスズメバチ,コガタスズメバチ      

                                   

  頭部を正面から見て,中央にある頭楯(とうじゅん)

   の数は?                  

                             

オオスズメバチ働蜂の顔.jpgコガタスズメバチ働き蜂の顔.jpg

                  

                           

                                       

(2)黒色の場合・・・キイロスズメバチ,モンスズメバチ    

                               

キイロスズメバチ働蜂の顔.jpgモンスズメバチの働き蜂の顔.jpg                          

                                

  腹部の後ろにある1対の小楯板(しょうじゅんばん)

   の色は?                                                      

キイロスズメバチの働き蜂.jpg
 
モンスズメバチの働き蜂.jpg
 
   
   
 
posted by スズメバチ博士 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | スズメバチの種類とその特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

スズメバチの種類の見分け方(その1)−日本に生息するスズメバチ属7種−

日本には,スズメバチ属に分類される7種のスズメバチが生息しています。その7種とは,オオスズメバチ,コガタスズメバチ,キイロスズメバチ,ヒメスズメバチ,モンスズメバチ,チャイロスズメバチ,ツマグロスズメバチです。「スズメバチの種類の見分け方(その1)」ではヒメスズメバチ,チャイロスズメバチ,ツマグロスズメバチの見分け方を示します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                          

        腹部の末端節の色は? 

                                                                                                                                                                                                             

(1)黒色の場合

                              

 ・腹部全体が黒色,頭部と胸部は赤褐色: チャイロスズメバチ
    

チャイロスズメバチの働き蜂.jpg
  
        

                                       ・腹端より4節まで黒色(性格には腹部の1,2節は黄赤色

  で3節以降は黒色のようです): ツマグロスズメバチ

         (注)体は赤褐色、八重山諸島に生息

 

 ・腹端より1−2節まで黒色: ヒメスズメバチ(写真)

                                 

                                       

ヒメスズメバチの働き蜂.jpg
                
                
 
 
 
 (2)黄色または赤褐色の場合  

 オオスズメバチ,コガタスズメバチ,キイロスズメバチ,モンスズメバチの4種は,腹部末端節が黄色または赤褐色で共通しています。
 

腹部末端黄色のスズメバチ群.jpg

これら4種のスズメバチの見分け方については,「スズメバチの種類の見分け方(その2)」で紹介します。

posted by スズメバチ博士 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | スズメバチの種類とその特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

スズメバチとアシナガバチの見分け方

 キイロスズメバチの働き蜂がアシナガバチと比べて大きさや形態が似ているように見えます。アシナガバチよりもスズメバチの方が刺傷被害は大きいので初期対応を誤ればたいへんなことになります。そこで,スズメバチとアシナガバチの比較を行いました。

(1)飛ぶ様子の比較                                
スズメバチは,足をたらすことなくスマートに直線的にすばやく飛びます。アシナガバチは,フラフラとゆっくり飛び、名前の由来どおり足をたらして飛びます。このような特徴から巣が見つからない場合でも、飛ぶ姿から大まかな判断はできます。もっとも実践的な簡便な見分け方かもしれません。
 

(2)巣の比較
 アシナガバチの巣は,植物の繊維質で作られ丈夫で軽く,一段の巣盤しかありません。巣には、おおい(外被)がなく,露出しています。
 スズメバチの巣は,材質が木材の外皮や木質でできたボール紙状であり,集団が大きくなるほど巣盤が何段にも重なってゆき,巣にはおおい(外皮)があります。
 近くにある巣からハチが飛来したという事実が確認できれば見分けることは容易です。
 

(3)胸部と腹部のくびれの比較
 スズメバチは腹部の部分が直角で砲弾型をしており,胸部と腹部のくびれが非常にはっきりしています。アシナガバチではこの部分がなだらかに太くなっており,スズメバチよりも全体にほっそりしています。この特徴を比較するためにキイロスズメバチの働き蜂とキアシナガバチの写真を参照してください。見分けるには,ハチが静止しているような状態で,じっくり観察できる場面が必要です。
 
キイロスズメバチとキアシナガバチの比較.jpg                                                  
 
スズメバチとアシナガバチの胸部と腹部のくびれ比較

     (矢印はくびれ部分を示す)

(4)顔(頭楯)の比較
 ハチの顔を正面から見ると中央に鼻のように見える頭楯(とうじゅん)と呼ばれるものがあり,ハチの種類によって頭楯は特徴的な形をしています。スズメバチの頭楯の形は,6角形型でアシナガバチの場合は5角形型です。このことをキイロスズメバチとキアシナガバチを事例にして下の写真で示しました。
 このこの観察には,ハチが死亡しているような状態であることと虫眼鏡が必要になります。
キイロスズメバチ働き蜂の顔.jpgキアシナガバチの顔.jpg
   スズメバチとアシナガバチの顔 
   ―頭楯の形:6角形型(左)と5角形型(右)―

posted by スズメバチ博士 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スズメバチの種類とその特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

スズメバチの働き蜂と女王蜂

秋になると女王蜂は,次世代の子孫を残すため息子の雄バチを初めて産むようになります。この時期に育てられる新女王蜂やそれまで生まれてきた働き蜂は、すべて雌バチであり女王蜂の娘です。毒針は産卵管が変化したものであり,刺すのは雌バチだけで雄バチは毒針を持っていません。女王蜂は毒針を持っていますが,ほとんど刺すことはありません。つまり,スズメバチによる刺傷被害は,女王蜂の娘である働き蜂によって引き起こされるのです。

写真は,オオスズメバチ,キイロスズメバチおよびコガタスズメバチの女王蜂と働き蜂です(2006年に採取)。これら3種の女王蜂は,働き蜂よりも明らかに大きい。

キイロスズメバチの働き蜂がアシナガバチと比べて大きさと形態が似ているようにみえます。アシナガバチに刺されたと思い込んでいたら,実際に刺したのはキイロスズメバチであったということもありうるかもしれません。アシナガバチよりもキイロスズメバチの方が刺傷被害は大きいので初期対応を誤ればたいへんなことになります。アシナガバチとキイロスズメバチの形態的特徴を把握しておくことが重要です。

女王蜂と働き蜂.jpg

    警戒すべきスズメバチの女王蜂と働き蜂

1:オオスズメバチ,2:コガタスズメバチ,3:キイロスズメバチ  

 

posted by スズメバチ博士 at 20:12| Comment(1) | TrackBack(0) | スズメバチの種類とその特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

日本に生息するスズメバチの種類

日本に生息するスズメバチの仲間は「スズメバチ属」「クロスズメバチ属」「ホオナガスズメバチ属」の3つのグループに分類されています。

このうち刺される被害が多く、最悪の場合死亡事故につながる一番危険なグループが「スズメバチ属」のハチたちです。

日本には、「スズメバチ属」に分類される7種が生息し、オオスズメバチ、キイロスズメバチ,コガタスズメバチ,ヒメスズメバチおよびモンスズメバチは広い地域にわたって生息してます。

5種のスズメバチの女王.jpg

日本に広く生息する5種のスズメバチの女王蜂

(1:オオスズメバチ,2:コガタスズメバチ,3:キイロスズメバチ,4:ヒメスズメバチ,5:モンスズメバチ)

posted by スズメバチ博士 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スズメバチの種類とその特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする