スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

スズメバチ・蜂の巣を福島の農学博士が駆除します!.jpg

2018年07月12日

スズメバチ駆除 in 白河市- スズメバチが床下の通気口をふさいでも出入りする!

白河市で床下の通気口からスズメバチが出入りしていた。
そこで、通気口をネットでふさいだが、それでもスズメバチの出入りが止まらないとのこと(白河市、2018年7月8日)。
出入りしていたスズメバチは、凶暴なキイロスズメバチだ。


白河市でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(白河市)



虫取り網で5匹ほど捕まえてみたが、それでもキイロスズメバチの出入りがおさまらないとのこと。
きちんとネットで通気口はふさがれている。

スズメバチの出入りは通気口のわきの方からしているようだ。
建物には、完全にふさいだようでも、そこからちょっとズレた所に思いもよらない抜け道があるようだ。

床下は低かったが、なんとか匍匐前進でキイロスズメバチの巣の近くまで潜ってゆくことができた。
床下に潜って通気口の方を覗くと、通気口の上方の床板にキイロスズメバチの巣がぶら下がっていた。


白河市で床下のスズメバチの巣.jpg
床下のスズメバチの巣(白河市)



暗がりの中では、スズメバチの巣が なぜか大きく見える。
また、床下のような逃げ場所がない閉鎖空間で聞くスズメバチの羽音は格別で怖い!


白河市で床下のスズメバチの巣の拡大写真.jpg
床下のスズメバチの巣を拡大(白河市)



駆除した巣の中には堂々たる風貌の女王蜂がいた。
7月上旬の床下のキイロスズメバチの巣は3層になっていた。


白河市で駆除したスズメバチの巣.jpg
駆除したスズメバチの巣(白河市)



白河市で床下の通気口を完全にふさいでもキイロスズメバチの床下の巣に思わぬ抜け道から出入りしていた光景、および床下に潜り込んでキイロスズメバチを駆除するシーンを動画で紹介する。



白河市でスズメバチ駆除- スズメバチが床下の通気口をふさいでも出入りする!



「スズメバチが出入りしている出入口をふさいで外に出てこれないように封じ込めてしまえ」と発想する人は多い。
完全に封じ込められれば、そのスズメバチ駆除は立派な一つの駆除法である。

しかし、この事例のように思わぬ抜け道がある場合がある。
その抜け道が家の中に出てくる抜け道だったら、たいへんなことになっていた。



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg
スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。
080−6008−3033 までお電話ください!
ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
  ↓





posted by スズメバチ博士 at 07:51| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月17日

スズメバチ駆除 in 小野町- あのスズメバチの巣はどこにある? 屋根裏か、それとも軒裏天井か!

瓦屋根からスズメバチが出入りしていることに今日気づいたとのこと(小野町、2017年7月30日)。
スズメバチは、凶暴なキイロスズメバチだ。
ご要望として「どこも壊さずに駆除してくれ」とのことで、そのように対処した。


小野町でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(小野町)



瓦屋根のあたりからキイロスズメバチが出入りしているのが見える。
さらに詳しく観察すると、瓦屋根とハフの接点の微妙な隙間からスズメバチが出入りしている。


小野町でスズメバチが瓦屋根で出入り.jpg
スズメバチが出入りする瓦屋根(小野町)



このような場合、キイロスズメバチの巣は軒裏天井か、あるいは屋根裏にある。
先ずは、屋根裏に上がり巣があるかどうかを確認するが、そこには巣が見つけられなかった。

そうなれば、軒裏天井に巣があることは間違いない。
2階のベランダから瓦屋根に上り、キイロスズメバチが出入りするところに近づく。

出入り口に近づくとキイロスズメバチが警戒して動きがあわただしくなる。


小野町でスズメバチの巣への出入り口.jpg
スズメバチの巣への出入り口(小野町)



どこも壊さないで駆除してくれとのご要望だった。
そのため、どこも壊さずに済む方法を考案して、瓦屋根に上った状態でキイロスズメバチが本格的に騒ぎ出す前に迅速に駆除した。


小野町で瓦屋根あたりから出入りするキイロスズメバチ、さらに軒裏天井にある巣への出入口である、瓦屋根とハフの接点の微妙な隙間から出入りするキイロスズメバチの姿を動画で紹介する。


小野町でスズメバチ駆除- あのスズメバチの巣はどこにある? 屋根裏か、それとも軒裏天井か!



この事例の建物は、ちょっとした隙間も作らないように頑強に作られていた。
それでも、建築部材が重なる所に、いくらじょうずに隙間を埋めても、長年の間には ちょっとした隙間ができてしまったようだ。

このような ちょっとした隙間を見逃さずに、長い越冬を終えたキイロスズメバチの女王蜂が春先に潜り込んで巣を作り始めてしまう。
どんな建物でも、ちょっとした隙間は必ずあるので、その隙間からキイロスズメバチの女王蜂に春先に潜られる可能性は常につきまとうと考えた方がよさそうです。

春先にスズメバチの建物への出入りを心掛けてチェックすること。
もし、スズメバチの出入りがあったら、その隙間から潜り込んで巣を作っている可能性は高い。

春先に見つけた出入りするキイロスズメバチが1匹だけで、それが女王蜂だったら、その1匹を退治すれば立派な駆除となる。
ただし、およそ5月下旬以降には、羽化して成虫になったキイロスズメバチの働き蜂も出てくるから、駆除が難しくなってくる。



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg
スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。
080−6008−3033 までお電話ください!
ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村



続きを読む
posted by スズメバチ博士 at 17:35| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

スズメバチ駆除 in 田村市- スズメバチの軒下の巣を撤去したら、中からアシナガバチたちが出てきた?!

軒下にあったスズメバチの巣を撤去したら、巣の中からアシナガバチがたくさん出てきた(田村市、2017年11月7日)。
巣からスズメバチが出入りする姿は、まったくなかった。

そこで、スズメバチは巣の中にいないものだとすっかり決め込んで撤去作業を進めた。
ところが、スズメバチの巣の中からスズメバチではなく、アシナガバチたちが出てきたのだから驚きであった!


田村市でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(田村市)



軒下のスズメバチの巣はキイロスズメバチのものである。


田村市で軒下のスズメバチの巣.jpg
撤去した軒下のスズメバチの巣(田村市)



巣の撤去作業が終わり、中を確認しようと巣を半分にバラしたら・・・
なんと、スズメバチの巣の中からアシナガバチが出てきた。

それも1匹や2匹ではなく数十匹とたくさんのアシナガバチだ。
その予想もしなかったことが起こり、ビックリ!

アシナガバチはキアシナガバチという、どこにでも生息する珍しくない種類だった。


田村市でスズメバチの巣から出てきたアシナガバチ.jpg
スズメバチの巣の中のアシナガバチ(田村市)



11月ともなると寒い季節、巣の中から出てきたアシナガバチたちの動きも鈍く攻撃されずに済んだ。

それでは、スズメバチの巣の中に、どうしてアシナガバチたちがいたのか・・・?

越冬できるのは、女王蜂だけで、働き蜂や雄蜂は年を越すことが出来ずに寿命がつきてしまう。
そして、アシナガバチの女王蜂たちは集団で越冬する習性がある。

スズメバチの巣が営巣活動を終えて空っぽになったので、アシナガバチの女王蜂たちが越冬場所として、そのスズメバチの巣を選んだのだ。



撤去したスズメバチの巣の中にアシナガバチが潜んでいた様子を動画で紹介する。



田村市でスズメバチ駆除- スズメバチの巣を撤去!驚き!巣の中からアシナガバチたちが出てきた?!



キイロスズメバチの巣は、小さい巣であれば11月頃まで、大きな巣であれ12月末までスズメバチたちが営巣活動をしている。

それ以降は巣の中にスズメバチがいなくなって空っぽの巣になる。
そして、空っぽになった巣は、2度とスズメバチに使われることなく風化して朽ちてゆく。


越冬するのに最適なのだろうか、その空っぽになったスズメバチの巣の中にアシナガバチが集団で越冬していることがある。

このことは、冬になってスズメバチがいなくなって空っぽになったスズメバチの巣を撤去しようとするとき、注意が必要であることを物語っている。

もちろん、冬の気温では寒すぎて、巣の中に越冬しているアシナガバチたちがいたとしても、そのアシナガバチたちはジッ−として動かない。

また、冬になって越冬している巣を叩き落として、割れた巣の中からアシナガバチが出てきたとしても寒すぎて動きが鈍く攻撃してくることはない。


冬になって空っぽになったスズメバチの巣を撤去するとき、巣に直接的に触れないように物干し竿のような長い棒を使ってスズメバチの巣を落とせば、間違ってもアシナガバチに触れずに済むので安全性はいっそう高くなる。

そして、落とした巣には、アシナガバチがいることもあると注意して巣を取り扱う必要がある。



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村




続きを読む
posted by スズメバチ博士 at 14:20| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

スズメバチ駆除 in 矢吹町- 風呂の給湯器の中に出入りするスズメバチ!

なんと風呂の給湯器にスズメバチが出入りしていました。 
スズメバチが給湯器の中に巣を作っているようです(2017年7月16日、矢吹町)。
スズメバチは、隙間さえあればどこにでも潜り込んで巣を作ってしまうキイロスズメバチです。


矢吹町でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチの駆除の現場(矢吹町)



給湯器のわきにあるコード引き込み用の小さな穴から出入りしていました。

その穴から、先ずは殺虫剤をスプレーしました。

その後、パネルをはずして内部を観察することにしました。

パネルを給湯器本体から外すときに、ワッーとスズメバチが出てくるかと思いましたが、さほどではありませんでした。


矢吹町で給湯器の内部のスズメバチの巣.jpg
スズメバチの巣があった給湯器の内部(矢吹町)



あまり元気がないスズメバチの巣です。

給湯器の部品の隙間にうまく巣を作っていました。



矢吹町で給湯器で元気がないスズメバチの巣.jpg
給湯器内の元気がないスズメバチの巣(矢吹町)



駆除したスズメバチの巣は、スズメバチの天敵に寄生されていました。



矢吹町で駆除したスズメバチの巣.jpg
駆除したスズメバチの巣(矢吹町)



これでスズメバチの巣が元気に育っていなかったこともうなずけます。



矢吹町でスズメバチ駆除- 風呂の給湯器の中にスズメバチの巣!



給湯器の内部に潜り込んでまで巣を作るキイロスズメバチのたくましさに驚きです。

一方、そのたくましいキイロスズメバチにも天敵がいて、増殖を制御しています。

キイロスズメバチ、油断のならないスズメバチです。



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村






続きを読む
posted by スズメバチ博士 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

スズメバチの危険性

 スズメバチを見ればすぐに刺されると思い込み,大騒ぎしてしまう人が多いですが,スズメバチが攻撃して人を刺すのは,自分達の巣を守るためなのです。外敵から巣の中にいる家族を守るために命がけで攻撃してくるのです。

巣から離れて食べ物を探しに出ているスズメバチは,いたずらでもしない限り襲ってきません(ただし、オオスズメバチは餌場などでは,なわばり意識が強いため攻撃的です)。

 スズメバチは,巣に近づきすぎたり,あるいは直接,間接的にでも巣に刺激を加えると毒針を武器にして攻撃してきます。

スズメバチに刺されることが原因で最も死亡者が多かった1984年には,全国で73人もの人が亡くなっており,最近は毎年30人前後の人が亡くなっています。

 都市環境においても適応力の高い一部のスズメバチ(特にキイロスズメバチとコガタスズメバチ)は人間の生活域内またはそのすぐ近くに生息しているため,普通の人が被害に合う確率が高くなってきています。毒蛇のハブやマムシ,あるいはクマとの遭遇による危険性よりもスズメバチの危険性にさらされる確率は高いかもしれません。

 スズメバチによる事故をおこさないためにスズメバチについて正しい知識をもつこと,適格な対策や工夫をすることが求められています。
posted by スズメバチ博士 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする