スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

スズメバチ・蜂の巣を福島の農学博士が駆除します!.jpg

2018年04月17日

スズメバチ駆除 in 小野町- あのスズメバチの巣はどこにある? 屋根裏か、それとも軒裏天井か!

瓦屋根からスズメバチが出入りしていることに今日気づいたとのこと(小野町、2017年7月30日)。
スズメバチは、凶暴なキイロスズメバチだ。
ご要望として「どこも壊さずに駆除してくれ」とのことで、そのように対処した。


小野町でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(小野町)



瓦屋根のあたりからキイロスズメバチが出入りしているのが見える。
さらに詳しく観察すると、瓦屋根とハフの接点の微妙な隙間からスズメバチが出入りしている。


小野町でスズメバチが瓦屋根で出入り.jpg
スズメバチが出入りする瓦屋根(小野町)



このような場合、キイロスズメバチの巣は軒裏天井か、あるいは屋根裏にある。
先ずは、屋根裏に上がり巣があるかどうかを確認するが、そこには巣が見つけられなかった。

そうなれば、軒裏天井に巣があることは間違いない。
2階のベランダから瓦屋根に上り、キイロスズメバチが出入りするところに近づく。

出入り口に近づくとキイロスズメバチが警戒して動きがあわただしくなる。


小野町でスズメバチの巣への出入り口.jpg
スズメバチの巣への出入り口(小野町)



どこも壊さないで駆除してくれとのご要望だった。
そのため、どこも壊さずに済む方法を考案して、瓦屋根に上った状態でキイロスズメバチが本格的に騒ぎ出す前に迅速に駆除した。


小野町で瓦屋根あたりから出入りするキイロスズメバチ、さらに軒裏天井にある巣への出入口である、瓦屋根とハフの接点の微妙な隙間から出入りするキイロスズメバチの姿を動画で紹介する。


小野町でスズメバチ駆除- あのスズメバチの巣はどこにある? 屋根裏か、それとも軒裏天井か!



この事例の建物は、ちょっとした隙間も作らないように頑強に作られていた。
それでも、建築部材が重なる所に、いくらじょうずに隙間を埋めても、長年の間には ちょっとした隙間ができてしまったようだ。

このような ちょっとした隙間を見逃さずに、長い越冬を終えたキイロスズメバチの女王蜂が春先に潜り込んで巣を作り始めてしまう。
どんな建物でも、ちょっとした隙間は必ずあるので、その隙間からキイロスズメバチの女王蜂に春先に潜られる可能性は常につきまとうと考えた方がよさそうです。

春先にスズメバチの建物への出入りを心掛けてチェックすること。
もし、スズメバチの出入りがあったら、その隙間から潜り込んで巣を作っている可能性は高い。

春先に見つけた出入りするキイロスズメバチが1匹だけで、それが女王蜂だったら、その1匹を退治すれば立派な駆除となる。
ただし、およそ5月下旬以降には、羽化して成虫になったキイロスズメバチの働き蜂も出てくるから、駆除が難しくなってくる。



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg
スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。
080−6008−3033 までお電話ください!
ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村



続きを読む
posted by スズメバチ博士 at 17:35| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

スズメバチ駆除 in 玉川村- 危なくて近寄れない! お祭り直前、神社の壁の中の巣!

玉川村の神社で行われるお祭り直前に、神社の壁の中から激しく出入りするスズメバチ。危なくて近寄れないとのこと(玉川村、2017年9月3日)。
スズメバチは、凶暴なキイロスズメバチだ。

壁の中に巣を作って、板壁の小さな節穴から出入りしていた。
2016年にも物置の壁の中にキイロスズメバチ駆除のご依頼があったので、この度の2017年と2年連続のキイロスズメバチ駆除となる。



玉川村でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(玉川村)



出入り口である節穴が低い場所にあるため、そこでスズメバチは低空飛行をして飛び回ることになる。
そのため、その壁の付近を通るだけでスズメバチに遭遇することになり、近寄れない状況になっていた。


玉川村で壁の中のスズメバチの巣への節穴.jpg
壁の中のスズメバチの巣への出入り口となった節穴(玉川村)



壁の外に巣があふれ出したようになっているが、これは壁の中で巣が大きくなっていっぱいになると、外側にこのような外皮でできた巣を作る。
この外皮には巣の本体である子供を育てる巣盤がない。

秋になると、壁に作ったキイロスズメバチの巣でよく見かける光景で珍しくはない。


玉川村で駆除したスズメバチの巣.jpg
壁の中のスズメバチの巣(玉川村)



そもそもは、越冬を終えたキイロスズメバチの女王蜂が春先に壁の節穴から潜り込み単独で巣を作り始めた。
そして、その巣に継ぎ足して増築されて大きな巣になったのだ。


撤去した巣.png
駆除したスズメバチの巣(玉川村)



玉川村の神社の板壁の節穴から出入りするキイロスズメバチ、その板壁に巣があふれ出したかのような異様な外皮でできた巣、および壁の中に作ったキイロスズメバチの巣を駆除し、壁板をはずして巣を撤去するシーンを動画で紹介する。


玉川村でスズメバチ駆除- 危なくて近寄れない! お祭り直前、神社の壁の中の巣!



キイロスズメバチが作った壁の中の巣は、壁の幅に合わせて巧みに作る。
その器用さに、いつも驚くばかりだ。

越冬を終えた女王蜂が、たまたま見つけた板壁の小さな節穴から潜り込ん単独で巣作りを始めたことで、秋には脅威な大きな巣になってしまう。
1匹のスズメバチに節穴に潜り込まれただけで、数か月後は脅威的な巣に変貌してしまうのだ!

キイロスズメバチは、他の種類のスズメバチとは異なり、あらゆる場所、どこにでも巣を作ってしまう驚きの能力を持っている。
キイロスズメバチとの闘いは、いつまでも続きそうだ!



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村




続きを読む
posted by スズメバチ博士 at 15:04| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

スズメバチ駆除 in 田村市- スズメバチの軒下の巣を撤去したら、中からアシナガバチたちが出てきた?!

軒下にあったスズメバチの巣を撤去したら、巣の中からアシナガバチがたくさん出てきた(田村市、2017年11月7日)。
巣からスズメバチが出入りする姿は、まったくなかった。

そこで、スズメバチは巣の中にいないものだとすっかり決め込んで撤去作業を進めた。
ところが、スズメバチの巣の中からスズメバチではなく、アシナガバチたちが出てきたのだから驚きであった!


田村市でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(田村市)



軒下のスズメバチの巣はキイロスズメバチのものである。


田村市で軒下のスズメバチの巣.jpg
撤去した軒下のスズメバチの巣(田村市)



巣の撤去作業が終わり、中を確認しようと巣を半分にバラしたら・・・
なんと、スズメバチの巣の中からアシナガバチが出てきた。

それも1匹や2匹ではなく数十匹とたくさんのアシナガバチだ。
その予想もしなかったことが起こり、ビックリ!

アシナガバチはキアシナガバチという、どこにでも生息する珍しくない種類だった。


田村市でスズメバチの巣から出てきたアシナガバチ.jpg
スズメバチの巣の中のアシナガバチ(田村市)



11月ともなると寒い季節、巣の中から出てきたアシナガバチたちの動きも鈍く攻撃されずに済んだ。

それでは、スズメバチの巣の中に、どうしてアシナガバチたちがいたのか・・・?

越冬できるのは、女王蜂だけで、働き蜂や雄蜂は年を越すことが出来ずに寿命がつきてしまう。
そして、アシナガバチの女王蜂たちは集団で越冬する習性がある。

スズメバチの巣が営巣活動を終えて空っぽになったので、アシナガバチの女王蜂たちが越冬場所として、そのスズメバチの巣を選んだのだ。



撤去したスズメバチの巣の中にアシナガバチが潜んでいた様子を動画で紹介する。



田村市でスズメバチ駆除- スズメバチの巣を撤去!驚き!巣の中からアシナガバチたちが出てきた?!



キイロスズメバチの巣は、小さい巣であれば11月頃まで、大きな巣であれ12月末までスズメバチたちが営巣活動をしている。

それ以降は巣の中にスズメバチがいなくなって空っぽの巣になる。
そして、空っぽになった巣は、2度とスズメバチに使われることなく風化して朽ちてゆく。


越冬するのに最適なのだろうか、その空っぽになったスズメバチの巣の中にアシナガバチが集団で越冬していることがある。

このことは、冬になってスズメバチがいなくなって空っぽになったスズメバチの巣を撤去しようとするとき、注意が必要であることを物語っている。

もちろん、冬の気温では寒すぎて、巣の中に越冬しているアシナガバチたちがいたとしても、そのアシナガバチたちはジッ−として動かない。

また、冬になって越冬している巣を叩き落として、割れた巣の中からアシナガバチが出てきたとしても寒すぎて動きが鈍く攻撃してくることはない。


冬になって空っぽになったスズメバチの巣を撤去するとき、巣に直接的に触れないように物干し竿のような長い棒を使ってスズメバチの巣を落とせば、間違ってもアシナガバチに触れずに済むので安全性はいっそう高くなる。

そして、落とした巣には、アシナガバチがいることもあると注意して巣を取り扱う必要がある。



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村




続きを読む
posted by スズメバチ博士 at 14:20| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

スズメバチ駆除 in 桑折町- 町営施設内でフジ棚にぶら下がるスズメバチの巣を緊急駆除!

桑折町役場さんから「町営施設内にスズメバチが巣を作っている」と緊急のスズメバチ駆除のご依頼(桑折町、2017年7月24日)。
スズメバチの巣は、高さ3mほどのフジ棚にぶら下がるように作られ、7月下旬のスズメバチの巣にしては大き目だ。
スズメバチは、凶暴で性質が悪いキイロスズメバチ。


桑折町でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(桑折町)



脚立を使ってスズメバチに悟られないように巣に近づき、巣穴を目がけて殺虫剤をスプレーするまでは、きわめて順調に進んだ。


桑折町でフジに作ったスズメバチの巣.jpg
フジの幹にへばりついたスズメバチの巣(桑折町)


スズメバチの巣がフジの幹にへばりついているので、フジの枝葉が邪魔をし、なかなか巣を取り出せない。
けっきょく、フジの枝を切ることをあきらめて巣を力づくで引っ張ってみたら、ウソのように巣が丸ごとポンと取り出せた。


桑折町でスズメバチ駆除後の巣跡.jpg
スズメバチの巣を撤去後の巣跡(桑折町)



スズメバチの巣を撤去後に巣跡をみると、いかにフジの幹や枝にべったりと巣がへばりついていたかが明確にわかる。

駆除後の巣跡には外出していたスズメバチたちが戻ってくるので、その対策は必ず実施している。
この対策をしないと、再び巣をスズメバチの残党が作ることもあるのだ。



桑折町で駆除したスズメバチの巣.jpg
駆除したスズメバチの巣(桑折町)


撤去したスズメバチの巣を割ってみると、巣盤が4層もあった。
巣盤は、まっ白いまゆをかぶったサナギが圧倒的に多数を占めていた。

このような特徴から、7月上旬頃に近くのどこからか引っ越しをしてきた巣のようだ。
引っ越してきて巣を作り始めたなぁと思っていると、みるみるとあっという間に大きくなってしまうのがキイロスズメバチの引っ越し巣だ。




このキイロスズメバチの巣をどのように駆除したか、その全貌を動画にまとめたので紹介する。


桑折町でスズメバチ駆除- 緊急駆除!町営施設内でフジ棚にぶら下がるスズメバチの巣!



わたしがスズメバチ駆除するときは、スズメバチに騒がれないように、まさしく暗殺するかのようにスマートに駆除しようと心がけている。
もっともやってはいけないスズメバチ駆除は、巣の中にいるスズメバチが興奮状態で次々に巣穴から出てきて飛びまわらせてしまうことである。

飛びまわらせてしまったスズメバチと空中戦で闘うのは、スプレーをかけてもスズメバチに命中しにくいことや戦闘空間が広すぎること等のロスが多過ぎる。
また、スズメバチが興奮状態で飛びまわっていることは、駆除する者にとっても、その周囲にいる人たちにとっても非常に危険なことなのである。


スズメバチ駆除業者は、誰に依頼しても同じような駆除をしているわけではない。
スズメバチ駆除業界は、手を挙げれば直ちに、誰でも何の縛りも必要な資格もなく駆除業者になれる世界だ。

力ずくと度胸だけで駆除する業者もいれば、コツコツと駆除の技術を向上させようと駆除法を創意工夫しながら日々努力している業者もいる。
スズメバチ駆除業者の選択は、慎重にしないと「当たり外れ」が大きいと思う。

これからも「当たり」のスズメバチ駆除業者だと誰からも評価されるよう、駆除法を創意工夫しながら日々努力してゆきたい。




ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村





続きを読む
posted by スズメバチ博士 at 20:54| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

田村市でスズメバチ駆除- 空き家の解体作業を始めるが、壁の中からスズメバチが激しく出入り!

近年、空き家や長期間の留守宅が急速に増えています。
それと並行するかのように空き家や留守宅のスズメバチの駆除のご依頼が増えています。
スズメバチからすると、誰からも邪魔されずにすくすくと大きな巣を作れる環境なのでしょう。


そんな背景の中、「空き家の壁からスズメバチが激しく出入りしている。これでは危なくて解体作業ができない」と建物解体業者の方から駆除のご依頼(2017年10月10日、田村市)です。
雑草が空き家を覆っています。


朽ち果てた壁の表面に「かさぶた」のようなものが張り付いた大きなスズメバチの巣です。



田村市でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(田村市)



スズメバチたちの様子を見ていると、高さ約1mのところにある直径2cmほどの壁板の節穴から出入りしています。


田村市でスズメバチの巣へn出入口.png
壁のキイロスズメバチの巣への出入り口(田村市)



スズメバチは、どこにでも巣を作ることができる凶暴なキイロスズメバチです。
キイロスズメバチが壁の中に作った巣は、ドンドン大きくなって秋になる頃には、この事例のように壁の外にはみだす「かさぶた」のような外皮を作ります。


田村市でスズメバチが壁に作った巣.jpg
壁の中に作ったキイロスズメバチの巣(田村市)



スズメバチが壁の中に巣を作っていた場合、いたずらに壁に近ずくと、とても危険です。
巣の全貌やスズメバチたちの壁の中での動きが見えないので、不意にいきなり襲ってきます。
私も壁の中に巣を作ったキイロスズメバチに刺されることが過去に何度かありました。
巣が見えないスズメバチは、本当に怖いです!


解体する建物なので壊すことが前提のスズメバチ駆除でした。
バールを使って、ためらいもなく壁を壊すことができるスズメバチ駆除は楽勝でした。

壁の中の巣は予想以上に大きく、巣に戻る多数のスズメバチたちに取り囲まれての駆除作業でした。


田村市で駆除したスズメバチの巣.png
壁の中に作ったキイロスズメバチの巣の全貌(田村市)



巣に戻ってくるスズメバチが作業現場で飛び回っていたのでは、これからの解体作業に支障をきたします。
もちろん、戻ってくるスズメバチ対策をしっかりと実施しています。




スズメバチ駆除 in 田村市- 空き家の解体作業ができない!壁の中にスズメバチの巣!



壊すことが許される解体現場では、何も悩むこともなく思うがままに建物を壊せる駆除の容易さを味わっています。
建物を壊すことを前提であれば、スズメバチ駆除も極めて容易で楽なものだと思っています。


一方、「できるだけ家を壊さない駆除」は難しいのですが、多くの方が求めていることだという思いがあります。
「宝と人が思う家をできるだけ壊さないようなスズメバチ駆除をする」を一つの信念として駆除技術を今後も磨いていきます。


ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村





続きを読む
posted by スズメバチ博士 at 22:02| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

スズメバチ駆除 in 矢吹町- 風呂の給湯器の中に出入りするスズメバチ!

なんと風呂の給湯器にスズメバチが出入りしていました。 
スズメバチが給湯器の中に巣を作っているようです(2017年7月16日、矢吹町)。
スズメバチは、隙間さえあればどこにでも潜り込んで巣を作ってしまうキイロスズメバチです。


矢吹町でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチの駆除の現場(矢吹町)



給湯器のわきにあるコード引き込み用の小さな穴から出入りしていました。

その穴から、先ずは殺虫剤をスプレーしました。

その後、パネルをはずして内部を観察することにしました。

パネルを給湯器本体から外すときに、ワッーとスズメバチが出てくるかと思いましたが、さほどではありませんでした。


矢吹町で給湯器の内部のスズメバチの巣.jpg
スズメバチの巣があった給湯器の内部(矢吹町)



あまり元気がないスズメバチの巣です。

給湯器の部品の隙間にうまく巣を作っていました。



矢吹町で給湯器で元気がないスズメバチの巣.jpg
給湯器内の元気がないスズメバチの巣(矢吹町)



駆除したスズメバチの巣は、スズメバチの天敵に寄生されていました。



矢吹町で駆除したスズメバチの巣.jpg
駆除したスズメバチの巣(矢吹町)



これでスズメバチの巣が元気に育っていなかったこともうなずけます。



矢吹町でスズメバチ駆除- 風呂の給湯器の中にスズメバチの巣!



給湯器の内部に潜り込んでまで巣を作るキイロスズメバチのたくましさに驚きです。

一方、そのたくましいキイロスズメバチにも天敵がいて、増殖を制御しています。

キイロスズメバチ、油断のならないスズメバチです。



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村






続きを読む
posted by スズメバチ博士 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

スズメバチの危険性

 スズメバチを見ればすぐに刺されると思い込み,大騒ぎしてしまう人が多いですが,スズメバチが攻撃して人を刺すのは,自分達の巣を守るためなのです。外敵から巣の中にいる家族を守るために命がけで攻撃してくるのです。

巣から離れて食べ物を探しに出ているスズメバチは,いたずらでもしない限り襲ってきません(ただし、オオスズメバチは餌場などでは,なわばり意識が強いため攻撃的です)。

 スズメバチは,巣に近づきすぎたり,あるいは直接,間接的にでも巣に刺激を加えると毒針を武器にして攻撃してきます。

スズメバチに刺されることが原因で最も死亡者が多かった1984年には,全国で73人もの人が亡くなっており,最近は毎年30人前後の人が亡くなっています。

 都市環境においても適応力の高い一部のスズメバチ(特にキイロスズメバチとコガタスズメバチ)は人間の生活域内またはそのすぐ近くに生息しているため,普通の人が被害に合う確率が高くなってきています。毒蛇のハブやマムシ,あるいはクマとの遭遇による危険性よりもスズメバチの危険性にさらされる確率は高いかもしれません。

 スズメバチによる事故をおこさないためにスズメバチについて正しい知識をもつこと,適格な対策や工夫をすることが求められています。
posted by スズメバチ博士 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする