スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

800写真-ルイワンのハチ駆除原図@.jpg

2013年04月30日

ミツバチが基礎と土台の隙間から出入りする床下の巣! 福島県岩瀬郡天栄村、2013年4月30日

ミツバチが昨年から玄関すぐ横の基礎と土台の隙間から出入りしています。昨日はポカポカ陽気だったせいか、いつもミツバチが出入りしている場所にミツバチたちが直径2030cmのボール状にかたまることが起きました。これは大変と、福島県岩瀬郡天栄村の方から問い合わせがありました。


ミツバチが出入りする基礎と土台の隙間 福島、4月30日 

ミツバチが出入りする基礎と土台の隙間 
福島県岩瀬郡天栄村、
2013430


ミツバチが出入りする現場は昨日から比べればおとなしいとのことですが、それでもけっこう出入りが激しい状況です。隙間を埋めようと段ボールを隙間に刺し込んだり、ネットを張ったりしていますが、そんなことおかまいなしにミツバチたちは出入りしています。また、殺虫剤を隙間から吹き込んだこともあるようですが、ミツバチの出入りは、ほとんど止まらなかったとのことです。ミツバチの種類はニホンミツバチです。



ニホンミツバチが基礎と土台の隙間から出入りする動画 
福島県岩瀬郡天栄村、
2013430


 

ニホンミツバチが出入りする隙間の向こう側には、どのような巣を作っているのでしょうか。床下から覗き込むと基礎と土台の隙間のすぐ先の床板に大きな巣がぶらさがっていました。



ニホンミツバチの床下の巣 福島、4月30日

ニホンミツバチの床下の巣 
福島県岩瀬郡天栄村、
2013430


ニホンミツバチの巣は巣盤を何枚も平行に並べるかのようにぶらさがっています。それぞれの巣盤を取り囲むようにミツバチたちは群がっています。



ニホンミツバチたちが巣に群がっている様子 福島、4月30日

ニホンミツバチたちが巣に群がっている様子 
福島県岩瀬郡天栄村、
2013430


ニホンミツバチの巣の様子を床下から動画で撮影してみました。基礎と土台の隙間からの出入りや巣に群がるニホンミツバチの様子です。


ニホンミツバチの床下にある巣の様子を動画で 
福島県岩瀬郡天栄村、
2013430


 

ミツバチの駆除のために隙間から殺虫剤を吹き込んでもミツバチの出入りを止められなかったとのこと。その理由は、ミツバチが出入りする隙間の向こうにある巣の様子をみればわかります。殺虫剤を隙間から吹き込めば、殺虫剤に触れやすい巣の表面にいるほんの一部のミツバチは死にます。でも、ミツバチの巣盤は幾層にも重なっていますので、巣が重なった部分や奥の巣盤には殺虫剤を隙間から吹き込んだくらいでは届きません。


 

昨日のボール状にまっ黒になっていたミツバチの塊(蜂球)の正体は、この巣から巣分かれしてゆく分蜂群の旅立ちの瞬間だったと推測します。その分蜂群は新しい住み家を探して旅立ったのです。その分蜂群がいなくなった分だけ、今日はおとなしかったのだと思います。ニホンミツバチは、このような分蜂をすることによって繁殖をしているのです。

ニホンミツバチのことは何度も紹介していますが、初めてこの記事を読まれる方のためにニホンミツバチの基礎知識を簡単に紹介します。


 

・・・ニホンミツバチの基礎知識・・・


ニホンミツバチは、日本に太古から自生していたミツバチです。ニホンミツバチは蜂蜜の生産量が少ないことや飼育箱への定着率が低いなど養蜂業には不向きとされてきました。そのため、愛好家が飼育する趣味程度になっています。しかし、受粉用のミツバチが不足するなどの問題が浮上してきて、病気やダニに強いなどの特徴をもつニホンミツバチが見直され、積極的に保護しようという動きがでてきています。


                          

桜が咲く頃になると、ニホンミツバチは、巣内に新しい女王蜂が成虫になって出てくる直前に、その新しい女王蜂に巣を譲るため、古い女王蜂が群れの半分くらいの働き蜂たちを連れて巣を離れ、他のところに新たな巣を作る習性があります。これがニホンミツバチの「分蜂」です。この分蜂によってニホンミツバチの群れが増え、それがニホンミツバチの繁殖につながります。ニホンミツバチの分蜂は、5月〜6月に多いです。



お腹にハチミツをいっぱい食べて巣を離れた分蜂群は、一旦蜂球を作り、探索バチが巣作りに適した場所を見つけてくるまで待ちます。ニホンミツバチは蜂球を樹木の枝や家の梁等に作ります。ニホンミツバチの分蜂群が蜂球を作った状態で滞在する時間はさまざまで、すぐに移動する場合もあれば、3日後に移動したというのもあります。


 

新居として気に入った場所が見つかると全部のハチが飛び立ちその場所に向かいます。そして、新しい巣を作ります。ニホンミツバチは、お墓の納骨室、屋根裏、樹洞、床下などに巣をよく作ります。



ホームページ「スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除しますを開設しています。

会津若松市、いわき市、郡山市、福島市、喜多方市、須賀川市、白河市、田村市、本宮市、二本松市、伊達市など福島県内でスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどのハチ駆除は、ルイワン 蜂・害虫駆除センターにおまかせください。

ハチ駆除のご依頼、および無料電話相談は、 
電話:024−923−1563
携帯:080−6008−3033
にご連絡ください!!

スズメバチについて
無料メール相談も受付中! 


ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村



posted by スズメバチ博士 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月26日

ミツバチがお墓の納骨室に巣を作っています! 須賀川市、2013年4月18日

ミツバチが、お墓の納骨室につながるすき間からポッカポッカ陽気に浮かれるように出入りしています。そのお墓は須賀川市にあります。桜の花がちりはじまった2013418日のことです。ミツバチはニホンミツバチです。ニホンミツバチは、お墓の納骨室によく巣を作ります。


ニホンミツバチがお墓の納骨室に巣を作っています 須賀川市、4月18日.jpg 

ニホンミツバチがお墓の納骨室に巣を作っています 
須賀川市、
2013418


このニホンミツバチの巣は4年も前からあったそうです。お墓は古く、納骨室の入口がコンクリートで固めてあるので納骨室を開けることができません。石屋さんを頼んでミツバチを駆除したようですが、ミツバチが出入りするすき間に向けてキンチョ―ルをスプレーしただけでした。お墓の床にはたくさんのミツバチの死骸が落ちていました。


ニホンミツバチがお墓の中にある巣に出入りする風景 
須賀川市、2013年4月18日

 

そのスプレーでミツバチの活動が納まったように見えたのでしょうが、再びミツバチの出入りが復活してしまいました。納骨室につながる隙間は一直線状にあるように見えるのですが、調べてみると直径1pもない唯1つの穴だけが納骨室につながっていました。これでは、隙間に向けて殺虫剤を表面的にスプレーしただけでは、納骨室の巣の巣盤と巣盤の間に群がるミツバチにかかるはずがありません。



ニホンミツバチが出入りするお墓の隙間 須賀川市、4月18日 

ニホンミツバチが出入りするお墓の隙間 
須賀川市、
2013418


ちょっと見た感じでは簡単そうに見える駆除でも、やってみて初めてわかる落とし穴があったりして駆除がきわめて難しいことがあります。この事例も難しい駆除です。ただし、この事例では石屋さんにコンクリートで固めた納骨室の入口を開けてもらえば、駆除はきわめて容易になりますが・・・


 

このニホンミツバチの巣は4年前からあったようですが、巣が絶えることなく今年も引き続き活動していました。スズメバチやアシナガバチの巣は1年ものなのですが、ミツバチは違います。ミツバチの巣は1年ものではありません。


 

ニホンミツバチのことは何度も紹介していますが、初めてこの記事を読まれる方のためにニホンミツバチの基礎知識を簡単に紹介します。


・・・ニホンミツバチの基礎知識・・・

ニホンミツバチは、日本に太古から自生していたミツバチです。ニホンミツバチは蜂蜜の生産量が少ないことや飼育箱への定着率が低いなど養蜂業には不向きとされてきました。そのため、愛好家が飼育する趣味程度になっています。しかし、受粉用のミツバチが不足するなどの問題が浮上してきて、病気やダニに強いなどの特徴をもつニホンミツバチが見直され、積極的に保護しようという動きがでてきています。


桜が咲く頃になると、ニホンミツバチは、巣内に新しい女王蜂が成虫になって出てくる直前に、その新しい女王蜂に巣を譲るため、古い女王蜂が群れの半分くらいの働き蜂たちを連れて巣を離れ、他のところに新たな巣を作る習性があります。これがニホンミツバチの「分蜂」です。この分蜂によってニホンミツバチの群れが増え、それがニホンミツバチの繁殖につながります。ニホンミツバチの分蜂は、5月〜6月に多いです。


 

お腹にハチミツをいっぱい食べて巣を離れた分蜂群は、一旦蜂球を作り、探索バチが巣作りに適した場所を見つけてくるまで待ちます。ニホンミツバチは蜂球を樹木の枝や家の梁等に作ります。ニホンミツバチの分蜂群が蜂球を作った状態で滞在する時間はさまざまで、すぐに移動する場合もあれば、3日後に移動したというのもあります。


 

新居として気に入った場所が見つかると全部のハチが飛び立ちその場所に向かいます。そして、新しい巣を作ります。ニホンミツバチは、お墓の納骨室、屋根裏、樹洞、床下などに巣をよく作ります。


ホームページ「スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除しますを開設しています。

会津若松市、いわき市、郡山市、福島市、喜多方市、須賀川市、白河市、田村市、本宮市、二本松市、伊達市など福島県内でスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどのハチ駆除は、ルイワン 蜂・害虫駆除センターにおまかせください。

ハチ駆除のご依頼、および無料電話相談は、 
電話:024−923−1563
携帯:080−6008−3033
にご連絡ください!!

スズメバチについて
無料メール相談も受付中! 


ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村


posted by スズメバチ博士 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

オオスズメバチの女王蜂が突然に現る! 郡山市、2013年3月16日

キイロスズメバチの大きな巣が留守宅の2階ベランダの下にぶらさがっていました。その巣を昨日(2013316日)、取り除いてビックリ! 誰もいないはずのキイロスズメバチの巣の中にオオスズメバチの女王蜂が1匹いたのです。それは、キイロスズメバチの巣の中にオオスズメバチの女王蜂が越冬していたのです。


オオスズメバチの女王蜂が越冬していたキイロスズメバチの巣 郡山市、3月16日.jpg
オオスズメバチの女王蜂が越冬していたキイロスズメバチの巣 
郡山市、
2013316


オオスズメバチの女王蜂は当初ジッーとしていましたが、棒で突いて刺激したので眠りから覚めたのでしょうか、モゾモゾと動き始めます。



越冬していたオオスズメバチの女王蜂 郡山市、3月16日.jpg

越冬していたオオスズメバチの女王蜂 
郡山市、
2013316


さらに、女王蜂の行動は大胆になり、よくも起してくれたなと言わんばかりに周辺を飛び回り出しました。郡山市はまだ肌寒いのですが、昨日は天気がよくて暖かい日だったので、なんとかオオスズメバチは飛べたようです。その後、越冬場所を名残おしそうにして、近くの山林の方に飛び去ってゆきました。まだ寒すぎて越冬態勢でいないと死んでしまいます。


 

キイロスズメバチの新女王蜂と雄蜂は、秋になると離巣し、働き蜂は冬を越せずに死んでしまいます。だから3月ともなれば、巣内には誰もいません。でも、その巣の中で越冬しようとするものがいてもおかしくありません。スズメバチの巣は断熱構造になっているので巣内は意外と安定した温度を保ち、越冬する場所としては悪くないのかもしれません。


 

越冬しているオオスズメバチの女王蜂が、切り株の中、樹洞の中、土の中、落ち葉の中などで発見されています。キイロスズメバチの巣の中という意外な場所からオオスズメバチの女王蜂が出てきたのでビックリしました。




ホームページ「
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除しますを開設しています。

会津若松市、いわき市、郡山市、福島市、喜多方市、須賀川市、白河市、田村市、本宮市、二本松市、伊達市など福島県内でスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどのハチ駆除は、ルイワン 蜂・害虫駆除センターにおまかせください。

ハチ駆除のご依頼、および無料電話相談は、 
    024−923−1563 にお電話ください!!

スズメバチについて
無料メール相談も受付中! 


ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村


posted by スズメバチ博士 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。