スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

スズメバチ・蜂の巣を福島の農学博士が駆除します!.jpg

2017年06月24日

三春町でスズメバチ駆除・蜂の巣駆除- 風呂場に入ると羽音が聞こえてくる!

夕方頃に風呂場に入ると羽音が聞こえてくることが3日ほど続いてた、
そこで、外壁にある風呂場の換気口をのぞき込んでみたら換気口の奥の方に蜂の巣が見えたとのこと(2017年6月8日、三春町)。
換気口の中にある蜂の巣なので、自分で駆除するのは難しいと判断して駆除をご依頼されました。

三春町でスズメバチ駆除の現場.jpg
蜂の巣の駆除現場(三春町)


現場で30分ほど換気口へのスズメバチの出入りを観察しましたが、出入りを確認できませんでした。


三春町で換気口内のスズメバチ駆除.jpg
スズメバチの巣がある換気口(三春町)


スズメバチの出入りがなかったので、換気口をのぞき込むとちょっと奥に丸いボール状のスズメバチの巣が見えました。


三春町で換気口内のスズメバチの巣.jpg
スズメバチの巣(三春町)


換気口内のスズメバチの巣に殺虫剤をスプレー後、換気口のカバーをはずしました。


三春町で換気口内のスズメバチ駆除-スプレー後の巣.jpg
殺虫剤をスプレー直後のスズメバチの巣(三春町)


スズメバチはキイロスズメバチです。


三春町で駆除したスズメバチの巣.jpg
駆除したスズメバチの巣(三春町)


換気口から取り出したスズメバチの巣では、働き蜂が数匹ほど羽化した成虫になっていました。



三春町でスズメバチ駆除- 風呂場に響く羽音!



このキイロスズメバチの巣を放置すると、どうなるでしょうか・・・

換気口で通気ができないくらいにキイロスズメバチの巣は目いっぱい大きくなります。

これ以上、巣を大きくすることができないとなると、キイロスズメバチは軒下などの開放的な場所に新たな巣、引っ越し巣を作り始めることになります。

その引っ越し時期は7〜8月頃になります。

そして、この換気口内の巣は働き蜂が成虫になるまでスズメバチの出入りは続きますが、すべてが成虫になると巣の役割は終わって廃巣となります。

この廃巣となっった巣は2度とスズメバチに再利用されることはありません。



換気口にスズメバチが巣を作らないようにするには、どうすればいいのでしょうか・・・


三春町で換気口へのスズメバチ侵入防止対策の事例.jpg
スズメバチの換気口侵入防止の事例:ネットの利用


この事例のようにスズメバチが入り込めない網目サイズのネットを換気口にセットすることです。



キイロスズメバチが換気口に潜り込んで巣を作る事例は、けっこうあります。

あなたの家の換気口にスズメバチが出入りしていることはありませんか?




ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村




posted by スズメバチ博士 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

郡山市でスズメバチ駆除・ハチ駆除- アシナガバチを駆除した初期巣に卵と共に水滴のような甘い蜜がある!

越冬を終えた女王蜂が産卵を終えたばかりで、まだ幼虫がふ化していないアシナガバチの初期巣を駆除しました(2017年5月19日、郡山市)。
アシナガバチはどこにでもいるセグロアシナガバチです。

駆除したアシナガバチの巣内には水滴のような蜜がありました。


郡山市でハチ駆除.jpg
アシナガバチの女王蜂とその巣(郡山市)


まだ幼虫もふ化していないので、女王蜂が巣作りを始めてから10日も経っていないような巣です。


郡山市で駆除したアシナガバチの巣.jpg
駆除したアシナガバチの女王蜂とその巣(郡山市)


アシナガバチの女王蜂が単独で作り始めてから間もないような初期巣を、よく観察すると巣の育房室(子供を育てる部屋)に水滴のようなものを見ることができます。


郡山市で駆除したアシナガバチの巣内の蜜.jpg
駆除したアシナガバチの初期巣の育房室に卵と共に水滴のような蜜(郡山市)


その蜜は水滴のように透明で、水飴のように粘りがあります。


郡山市で駆除したアシナガバチの巣内の蜜を拡大.jpg
アシナガバチの初期巣の育房室にある水滴のような蜜(郡山市)


この蜜をなめると甘いです。

花の蜜なのでしょうか。



郡山市でスズメバチ駆除・ハチ駆除- アシナガバチの初期巣を駆除! 駆除した巣内に卵と共に水滴のような蜜!



駆除した巣内の一部の育房室(子供を育てる部屋)には、産み付けられた卵と共に水滴のような蜜がありました。

アシナガバチには、水滴のような蜜を育房室ごとに貯めておく習性があります。

恐らく卵からふ化したばかりの幼虫に餌として蜜をなめさせるために、女王蜂があらかじめ育房室ごとに蜜を貯めているのではないでしょうか?!



過去のブログでも詳しく説明しています。



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村





posted by スズメバチ博士 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

矢吹町でハチ駆除・スズメバチ駆除- 越冬を終えたアシナガバチの女王蜂が活動開始!

ハチが軒下の隙間から出てきていました。
そこで、殺虫剤をスプレーしたら数匹が出てきましたとのこと(2017年4月9日、矢吹町)。

家の中まで入ってきたこともありました。
ハチというのはアシナガバチのキアシナガバチでした。


矢吹町でアシナガバチ駆除の現場.jpg  
アシナガバチが越冬していた現場(矢吹町)


アシナガバチが集団で軒下のすき間に越冬していて、やっと越冬を終えて活動を始めたところでした。

軒下の隙間にスプレーするとアシナガバチの女王蜂が出てきました。


矢吹町でアシナガバチ駆除.jpg
越冬を終えたアシナガバチの女王蜂(矢吹町)


今年もアシナガバチの活動が始まりました!



矢吹町でハチ駆除・スズメバチ駆除- アシナガバチの女王蜂が越冬からお目覚め!



アシナガバチの女王蜂は集団で越冬する習性があります。

同じ場所からハチが何匹も外に出てきたら、蜂の巣が作られているだろうと思うかもしれません。

この時期に、アシナガバチが同じ場所から複数匹出てきたならば、女王蜂が越冬を終えて活動し始めたのです。



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村



続きを読む
posted by スズメバチ博士 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

3月にスズメバチの巣駆除のご依頼?in 郡山市

3月になっていますが、昨年に作られた軒下の大きなスズメバチの巣を駆除してもらいたいとのお問い合わせ(2017年3月10日、郡山市)。
スズメバチはキイロスズメバチでした。

スズメバチの巣は1年物で翌年に再利用されることはありません。
冬になれば、原則的に巣の中にはスズメバチがいなくなっています。



もう3月!「大きなスズメバチの巣を駆除してほしい」? in 郡山市


詳しくは、ルイワン 蜂・害虫駆除センターのホームページのキイロスズメバチの生活史をご参照ください。


ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村



posted by スズメバチ博士 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする