スズメバチ駆除の専門店として、福島県郡山市に2008年1月1日にルイワン蜂・害虫駆除センターを設立しています。これまでルイワン蜂・害虫駆除センターがスズメバチやハチを駆除してきた事例を中心に紹介しています。

スズメバチ・蜂の巣を福島の農学博士が駆除します!.jpg

2018年02月12日

スズメバチ駆除 in 中島村- 草刈り中にスズメバチに刺された現場で緊急駆除!

草刈り作業中にスズメバチに刺されたと緊急駆除のご依頼(中島村、2017年8月29日)。
農道の側面に植えてある生垣の中にスズメバチが巣を作っていたが、それに気づかずに生垣の下草を刈っていたもよう。

スズメバチは、凶暴なキイロスズメバチである。
草刈り中にキイロスズメバチに刺される事故は、毎年日常茶飯事のように起きている。

スズメバチに刺された場所で草刈りをやめたことが刈り取った下草をみてわかった。
おそらく、刺されて初めてスズメバチに襲われていることに気づいたようだ。


中島村でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(中島村)



スズメバチの巣は、生垣の枝葉にスッポリ隠れていて、いろんな方向や角度から生垣の外観を見ても確認できない!
枝葉の中をしっかりと覗き込んでやっと見える。
それも巣のほんの一部だけ。


中島村でスズメバチの巣がある生垣.jpg
スズメバチの巣がある生垣(中島村)



スズメバチの巣と枝葉と下草が複雑にからみあって殺虫剤のスプレーも巣を切り出すのもちょっと面倒だった。
枝葉を揺らしたら、その刺激が伝わって巣の中にいたスズメバチたちがゾロゾロと出てきて、そこら中がスズメバチだらけになってしまう。

枝葉を揺らさないで巣の中に確実に殺虫剤を届ける必要がある。
普通のやり方でスプレーしようとしたら、それは至難の技である。

そこにスズメバチ駆除業者の技術力の差がはっきり出てくる。
スズメバチ駆除業者の技術力には雲泥の差があるのだ。


巣の姿.png
駆除中のスズメバチの巣(中島村)



スズメバチの巣は地面近くにあった。
とにかく枝葉を切っても切っても簡単には生垣から巣を切り出せず苦労した。



小野町で駆除したスズメバチの巣.jpg
駆除したスズメバチの巣(中島村)



スズメバチの巣内には、白いまゆをかぶったサナギが目立つ。

1週間もすれば爆発的に働き蜂が羽化してきて、所狭しと飛び回っていただろうと想像した。
そうなれば、この農道も通行できないことになっていたかもしれない。



この駆除事例の様子を詳しく伝えれば、スズメバチに刺された現場から何かを学び取れるのではないかと思い、動画にもまとめてみた。




中島村でスズメバチ駆除- 草刈り中に刺された!巣がスッポリ隠れて見えない現場!



草刈り作業する場面では、スズメバチの巣が見えない状況が多い。
この事例でも、普通はしないであろう生垣の枝葉の中をのぞき込むことでやっと巣を確認できた。

それでは、スズメバチの巣があることを認知できない場合は、どうすればいいのだろうか。

スズメバチの巣があれば、巣は見えなくとも飛行して巣へ出入りするスズメバチの姿があるはずだ。
その習性を利用すれば巣があるかどうかの判定はできる。

つまり、草刈り作業中にスズメバチに刺されない予防策は、草刈り予定の領域にスズメバチが出入りしていないかを作業前にしっかりチェックすることである。

まだまだ、いろんな方法があると思うが、今のところアイデアが浮かんでこない。
あなたには、どのようなスズメバチに刺されない予防策のアイデアが浮かんでますか・・・



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村




posted by スズメバチ博士 at 21:22| Comment(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

スズメバチ駆除 in 小野町- 町営アパート4階軒下の巣を高所作業車を使わないで駆除!

小野町役場さんから町営アパート4階の軒下にあるスズメバチの巣を駆除してほしいとのご依頼(小野町、2017年9月22日)。
町営アパートの4階の軒下まで13mほどの高さがある。


小野町でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(小野町)



このスズメバチの巣を駆除しようとしたら、2段梯子も届かない。
それでは、高所作業車を使うしかないと考えてしまうのが普通である。


小野町でアパート4階の軒下のスズメバチの巣.jpg
小野町町営アパート4階軒下のスズメバチの巣(小野町)


スズメバチは、凶暴なキイロスズメバチ。
このような高所に巣を作るのは、圧倒的にキイロスズメバチが多い。


小野町で駆除したスズメバチの巣.jpg
駆除したスズメバチの巣(小野町)



町営アパート4階軒下のスズメバチの巣を高所作業車などの重機も使わない独創的な駆除方法で直ちに駆除した。
このような高所の巣を、この駆除方法で多数駆除してきたので、いまや得意技となっている。



小野町でスズメバチ駆除後の巣跡.jpg
スズメバチの巣を撤去後の巣跡の様子(小野町)



スズメバチの巣を撤去すると、外出からスズメバチたちが巣に戻ってくる。
高所だからといって放置すれば、生き残った残党たちが巣を再生されることもある。
巣に戻ってくるスズメバチの対処は、高所であろうとなかろうと必ず実施している。



小野町の町営アパートの4階軒下に作ったスズメバチの巣の駆除現場と駆除後の様子を動画で紹介する。


小野町でスズメバチ駆除- なんと!高所作業車を使わないで町営アパート4階軒下の巣を駆除できちゃう!



高所作業車を使うとなると、その車両と人手の手配に時間がかかるばかりか、費用もかなりなものとなる。

このような高い所にあるスズメバチの巣を高所作業車などの重機も使わずに駆除する独創的な駆除技術の実績は、
その技術の有益性を証明しながらドンドン増えている。

この得意技とする駆除技術には、次のような特徴がある。

・重機を使う必要がないので駆除料金が格安でできる。
・どのような状況の現場であろうとも到着するやいなや直ちに駆除できる。
・駆除作業者の安全性も高く、周囲に対する安全性も高い。

これらの特徴から自治体や企業をはじめとした駆除をご依頼された多くの方々に喜ばれている。
高い所に作られたスズメバチの巣の駆除は、おまかせください!



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村




posted by スズメバチ博士 at 23:26| Comment(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スズメバチ駆除 in 二本松市- 玄関前の庭木に蜂の巣があったなんて!

「玄関前のサザンカの植え込みに蜂の巣がある」と駆除のご依頼(二本松市、2017年7月29日)。
ご依頼された奥様は、思ってもいなかった蜂の巣があることに、かなりビックリされたようで、おびえるように「出来るだけ早くきてください」と。

いままで、なにごともなく玄関を出入りしていたのが、突然その目と鼻の先に世間で危険だと伝えられているスズメバチの巣がある。
そのことがわかった瞬間から、怖くて居ても立ってもいられなってしまうのも当然。

玄関前に並べられて植えられたサザンカの列の一番端っこにあるため、玄関から見てもスズメバチの巣は全く見えない。
巣があるところまで近づいて、サザンカの枝葉をちょっとのぞき込んでやっと見える。

巣が小さいので、その巣に出入りするスズメバチの数も少なく、飛んでいる姿は、よほど気をつけてないと目につかない。
このような状況でも、みごとにスズメバチの巣を見つけたことはスゴイ!。


二本松市でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(二本松市)



スズメバチは、いつのまにか忍び寄ってきて庭木に巣を作ることが多いコガタスズメバチ。
サザンカの枝葉に隠れるようにして作られたコガタスズメバチの巣は直径10cm程と小さい。


二本松市で庭木にスズメバチの巣.jpg
サザンカにスズメバチの巣(二本松市)



コガタスズメバチは、軒下にも巣を作ることが多い。
軒下に作った巣は、壁や軒下の色合いと異なることが多く、巣が小さくても目につく。

ところが庭木に作ったコガタスズメバチの巣は枝葉の中に隠れてしまうので見つけにくい。
巣が小さければ小さいほど枝葉に隠れやすいので、見つけにくいことになる。


二本松市で駆除したスズメバチの巣.jpg
駆除したスズメバチの巣(二本松市)



駆除した巣は直径10cmほどと小さく、巣内にいた成虫も10数匹ほどであった。
巣盤は2段目を作り始めたところであった。

また、外出して巣に戻ってくるスズメバチがいるが、これに対してもコガタスズメバチの習性を逆手にとった独自の方法でしっかりと対処している。



このコガタスズメバチの駆除の様子を詳細に動画に記録したので紹介する。


二本松市でスズメバチ駆除- 「目の前の庭に蜂の巣があったなんて・・・!」



庭木の中の枝葉にスッポリと隠れたコガタスズメバチの巣は、小さいほど見つけにくい。
また、巣が小さいほど羽化した成虫も少なく、巣に出入りする姿を見つけることも少ない。

枝葉に隠れたコガタスズメバチの巣を見つけるコツは「いやにスズメバチが飛んでいるなぁ」という気づきが大事である。
そして、飛んでいるスズメバチが庭木の中にためらいもなく一直線にスッと入ってゆくとしたら、ほぼそこに巣がある。

コガタスズメバチは、ビックリするほど身近なところに巣を作る特徴があるので、あなたもご用心を・・・



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村




posted by スズメバチ博士 at 17:04| Comment(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

スズメバチ駆除 in 会津美里町 - 積み重ねた稲わらからスズメバチが出入り?

「昨年、柿畑に稲わらを積み重ねていたところからスズメバチが出入りしている」と駆除のご依頼(会津美里町、2017年7月29日)。
「稲わらを積み重ねていたら、ビッシリと稲わらが重なっているだろうから、その中には巣が作りにくいだろうなぁ」と想像して現場に向かう。

積み重ねられた稲わらには、ポッカリあいた空隙部分があって、そこがスズメバチの出入り口となっていた。
出入りするスズメバチは少なくて、しばらくジッーと観察してやっと確認できる程度。
スズメバチは、キイロスズメバチに次いで凶暴だというモンスズメバチ。


会津美里町でスズメバチを駆除した現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(会津美里町)



稲わらの出入口を、そのすぐそばでしばらく観察していると、スズメバチたちに気づかれてしまった。
警戒してスズメバチたちが周りを羽音を立てて飛び回り始めてしまった。

外出から戻ってきたスズメバチも巣に入らずに周りを飛び回り、さらには巣の中のスズメバチたちも次々にゾロゾロと出てきてしまった。


会津美里町でスズメバチの巣への出入り口.jpg
スズメバチの巣への出入り口(会津美里町)



すかさず殺虫剤を出入り口から稲わらの奥にあるモンスズメバチの巣に届くようにスプレーした。

全面が外皮でおおわれてた要塞型のキイロスズメバチの巣とは違い、モンスズメバチの巣は底ぬけした構造をしている。
そのため、殺虫剤をスプレーするだけでモロに巣の内部にも殺虫剤がかかることになる。

次に稲わらの奥にある巣を取り出す作業を始める。
稲わらの山を上から少しづつ崩して、奥の方にあるモンスズメバチの巣を見つけ出さなければならない。

やはり見えないスズメバチの巣の駆除は、巣が見える場合と違って作業量が多くてストレスがかかる。
「どこまで取り除けば巣が見えてくるんだ、早く出てこい」とボヤきながら作業を進める。

かなり稲わらを掘り崩して、やっとのこと巣を見つけてホッとする。


会津美里町で稲わらの中にあったスズメバチの巣.jpg
稲わらの中のスズメバチの巣(会津美里町)



モンスズメバチは積み重ねた稲わらの空隙を巧みに使って奥の方に巣を作っていた。
モンスズメバチは、閉鎖的なところに巣を作ることが多い。

その空隙が狭くなれば巣の引っ越しをするという習性もある。
キイロスズメバチと並んでちょっと面倒くさいモンスズメバチである。


会津美里町で駆除したスズメバチの巣.jpg
駆除したスズメバチの巣(会津美里町)



スズメバチの巣は、稲わらの中から一掴みで一気に取り出すことができた。
まだ巣盤は2層と小さいが、サナギが多く、働き蜂が成虫になって爆発的に羽化してくる直前の巣であることがわかる。


このモンスズメバチの駆除の様子を動画でも紹介したい。


会津美里町でスズメバチ駆除- 積み重ねた稲わらからスズメバチが・・・



「スズメバチの出入りが見えても、巣がどこにあるかわからない」という場合、予想だにしなかったことになることがある。
探しても探しても巣が見つからず、途方に暮れてしまうことも稀にあって、とにかくストレスがたまる。

この駆除事例の場合、ボヤきながらもひたすら稲わらを掘り崩して巣が出てきたときはホッとした。



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村





posted by スズメバチ博士 at 23:59| Comment(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

スズメバチ駆除 in 鏡石町- 夏休みの小学校グラウンドにスズメバチの巣!

夏休みのまっただ中、鏡石町教育委員会から小学校のグランドにスズメバチの巣があるとの緊急駆除のご依頼(2017年8月2日)。
グラウンド近くのプールには、たくさんの子供たちも泳ぎに来ていた。
スズメバチの巣は、校舎から出て、グラウンド入り口の生垣にあった。
スズメバチは、凶暴なキイロスズメバチ。


鏡石町でスズメバチ駆除の現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(鏡石町)



巣は生垣の中に埋もれて見えない。
グラウンドを横切るのがスズメバチたちの飛行ルートだ。
生垣の奥の方に作った巣に激しく出入りしている。


鏡石町で生垣のスズメバチの巣.jpg
生垣のスズメバチの巣(鏡石町)



ソッーと生垣の奥の方をのぞいてみる。
枝葉がこみ合っているばかりか、その枝葉を巣の構造物の一部としてスズメバチが使っている。


ヘタに生垣の枝葉を揺すると巣に刺激が伝わり、巣の中にいたスズメバチたちが巣穴からゾロゾロと出てきてしまう。
そうなったら、出てきた多数のスズメバチたちが乱れ狂ったように飛び回り、しばらくは手をつけられなくなる。

そうならないように、枝葉を揺すらないように殺虫剤を使う必要がある。
こみ入った枝葉を揺すらないように殺虫剤の使用方法をちょっと工夫している。

この方法を使って殺虫剤をスプレーしたら、枝葉を揺するらずに済み、スズメバチたちが巣穴からゾロゾロと出てくることがなかった。


このような生垣の中にスズメバチが巣を作った場合、もう一つやっかいなことは、枝葉を巧みに利用して、スズメバチが巣を作っていることだ。
そのため、巣の構造物となっている枝葉を切っても切っても、なかなか生垣の中から巣を取り出せない。
時間がかかってしまう。


鏡石町でスズメバチ駆除後の巣跡.jpg
スズメバチの巣の撤去跡(鏡石町)



駆除したスズメバチの巣の中をみると、成虫となって出てきた働き蜂の羽化跡がたくさんあって目に付く。
その羽化跡を見ると、成虫となった働き蜂が爆発的に増えていたことを物語っている。


鏡石町で駆除したスズメバチの巣.jpg
駆除したスズメバチの巣(鏡石町)



明るいうちにスズメバチの巣を駆除すれば、巣の中のスズメバチたちをうまく駆除できても、巣に戻ってくるまだまだたくさんのスズメバチたちがいる。
当然であるが、戻ってくるスズメバチ対策は必ず行う必要がある。



このスズメバチ駆除事例を動画にまとめてみた。



鏡石町でスズメバチ駆除- 子供たちが危ない!夏休みの小学校グラウンド!



8月初旬のキイロスズメバチの巣は、成虫になった働き蜂が爆発的に増えた時期だった。
生垣に作ったスズメバチの巣は、枝葉を揺すっただけでも、その刺激はスズメバチの巣に伝わってしまう。

そうなったら、たくさんのスズメバチたちが刺激に反応、巣の中から出てきて襲ってくるので大騒ぎなる。

子供たちがよく通るグラウンド、そこを通ったタイミングで子供たちが刺されてしまいそうな危険な現場だった。



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村





posted by スズメバチ博士 at 23:41| Comment(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

スズメバチ駆除 in 喜多方市- 子供が発見!2階軒下の死角にあったスズメバチの巣!

スズメバチの巣を最初に見つけるのは、子供であることが多い。
この事例でも駆除した日の2日前に滅多に仰ぎ見ないような2階の軒下に子供がスズメバチの巣を見つけた(2017年8月3日、喜多方市)。
スズメバチは、いつのまにか身近に忍び寄ってきて巣を作るコガタスズメバチ。


喜多方市でスズメバチの駆除現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(喜多方市)



ペットボトルで作った誘引剤入りのスズメバチトラップが巣の近くに吊るされていた。
でも、1匹もスズメバチが捕まっていないことが悲しい。

スズメバチの巣の近くにトラップを吊るしている光景は、駆除現場でよく目にする。
しかし、残念ながらそのトラップにはスズメバチが捕まっていないことが多い。

スズメバチの巣ができてしまってから、巣の近くにトラップを仕掛けても効果がないようだ。
いつか機会があれば、このことに白黒をつけるために、実験して証明したい。


喜多方市でスズメバチの巣とトラップの位置関係.png
スズメバチ駆除の現場にスズメバチトラップ(喜多方市)



明るいうちに、スズメバチの巣を駆除・撤去すると、外出していたスズメバチたちが巣に戻ってくる。
そのスズメバチの数は、大きな巣であるほど半端でない数になる。


喜多方市で巣跡でウロウロするスズメバチ.png
巣跡にウロウロするスズメバチたち(喜多方市)



駆除の時、生き残った残党の数が多いにもかかわらず、そのまま放置してしまうと再び巣を作られてしまうことがある。
そのため、明るいうちにスズメバチの巣を駆除・撤去した場合、その巣跡に戻ってくるスズメバチたちの対策は必ず実施している。


喜多方市で駆除したスズメバチの巣.jpg
駆除したスズメバチの巣(喜多方市)



8月初旬のコガタスズメバチの巣は、2段目の巣盤をやっと作り始めたばかりだった。


この喜多方市でのスズメバチ駆除事例を動画でも紹介します。



喜多方市でスズメバチ駆除- 子供が見つけた!軒下のスズメバチ駆除!




スズメバチの駆除現場で子供たちにスズメバチのことを話すと、大人顔負けのかなり鋭い専門的な質問をされることがある。
スズメバチの巣を最初に見つけるのは、子供であることが多いといことにもつながっているようにみえる。

何事にも好奇心が旺盛で潜入観念がない子供の素直さが疑問を産み、そうさせるのだろうか。
潜入観念こそ新しいものの発見をさえぎる元凶だと思うのは、わたしだけだろうか。
子供のような旺盛な好奇心と潜入観念がない素直さでスズメバチを見れたらと思う。




ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村





posted by スズメバチ博士 at 23:15| Comment(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

スズメバチ駆除 in 本宮市- 山林の奥に入り、除染等工事に向け、樹木の高所に作ったスズメバチ駆除!

除染等工事現場から「山林の奥にある高いところに作ったスズメバチの巣を駆除して欲しい」とのご依頼(2017年10月4日、本宮市)。
脚立やはしご等は山林の奥まで持ってゆくのが大変な現場です。
そこで、一人で駆除できるスズメバチ駆除用の特性の道具を担いで、草木をかき分けて山林の奥に入りました。


本宮市でスズメバチの現場.jpg
スズメバチ駆除の現場(本宮市)



息を切らしながら、やっとたどり着いた樹木には、地上から7mほどのところにスズメバチの巣がありました。
樹木の幹にしっかりへばりついたスズメバチの巣です。
キイロスズメバチの直径30cmほどの大きな巣です。


本宮市で駆除したスズメバチの巣.png
樹木の高所に作ったキイロスズメバチの巣(本宮市)



脚立やはしご等は使わない一人で駆除できるスズメバチ駆除用の特性の道具でスズメバチの巣を直ちに駆除・撤去しました。
巣の撤去後は、巣跡に戻ってきたスズメバチたちがウロウロしています。


本宮市でスズメバチの巣撤去後の様子.png
巣を撤去後、巣跡にウロウロするスズメバチたち(本宮市)



もちろん、このように戻ってくるので、戻りバチ対策はしっかり実施しました。


この本宮でのスズメバチ駆除事例を動画でも紹介します。



本宮市でスズメバチ駆除- 山林の奥で樹木の高所にあるスズメバチの巣を駆除!




この事例のような山林の奥で、しかも高い位置に巣を作ったスズメバチ駆除は、通常の方法で駆除しようとしたら肉体的にも経済的にも大変です。

わたしたちは、どのようなスズメバチ駆除の場面においても、安価に、直ちに、そして安全な駆除ができる技術を開発しました。
さらなるスズメバチ駆除の技術革新を目指し、いまも日々奮闘しています。



ルイワン 蜂・害虫駆除センターの
ホームページはこちらから
      ↙
スズメバチ・蜂の巣を福島のスズメバチ博士が駆除します.jpg

スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ等のハチについて
駆除のご依頼やご相談を受付けています。

080−6008−3033 までお電話ください!

ブログランキングに挑戦中です。
よかったらポチっとお願いします。
   ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ 
にほんブログ村




posted by スズメバチ博士 at 14:31| Comment(0) | 2017年のハチ駆除事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする